1. 生命の再定義
    死亡した過激派バイオハッカー、肺がんの遺伝子療法も計画していた
    過激なパフォーマンスが物議を醸していたバイオハッカーのアーロン・トレイウィックが、肺がん向けの遺伝子療法の実施を計画していたことがわかった。トレイウィックの死亡によって計画は中止に追い込まれたものの、実際にメキシコの診療所で治療をするとして被験者を募っていた。 Emily Mullin16カ月前
  2. 生命の再定義
    MITTRが選ぶ、
    2017年に世間を騒がせた
    最低なテクノロジー7選
    2017年も多くのテクノロジーが世間を賑わせた。中には目を見張るほど素晴らしいものもあれば、目を覆いたくなるほどひどいものもあった。DIY遺伝子治療薬の自己投与や何一つ目的を持たない仮想通貨のICO(新規仮想通貨公開)など、MITテクノロジーレビューが選んだ最低のテクノロジーを7つ紹介する。 Antonio Regalado2年前
  3. 生命の再定義
    DIY遺伝子療法キットは「違法」、 FDAとバイオハッカーが対立
    遺伝子編集のための強力な手法であるCRISPR(クリスパー)が広まるにつれて、スタートアップ企業などによる手作り(DIY)遺伝子治療薬を自己投与する事例が相次いでいる。米国食品医薬品局は安全性リスクなどを懸念して警告を出しているが、事実上、無視されている。 Emily Mullin2年前
  4. 生命の再定義
    高すぎる遺伝子療法
    商用化できるのか
    グラクソ・スミスクラインの遺伝子治療法「ストリムベリス」による初めての治療が実施された。ストリムベリスは、販売が認可された遺伝子療法の治療薬としては2つ目で、定価が59万4000ユーロと、最も高価な部類に属する。 Emily Mullin2年前