1. コネクティビティ
    日本に比べて電子投票が進んでいる米国では選挙インフラのセキュリティが問題になっている。11月に実施される中間選挙では、結果に対する信用を損なわせるべく、ハッカーたちが大挙して妨害を図ってくることが予想される。 Martin Giles4年前
  2. コネクティビティ
    ウーバーやツイッターの技術部門で要職を務めた男はいま、米民主党全国委員会のCTOとして党のテック戦略を練り直している。セキュリティからネットを使った選挙活動まで、党内の古い文化やハッカー、共和党に立ち向かいながら、テクノロジーを根付かせるための改革を断行中だ。 Martin Giles4年前
  3. コネクティビティ
    サイバー攻撃の脅威に対する防御技術が進歩しても、ハッカーたちはそれを突破するために様々な手法で攻撃を仕掛けてくる。2018年も引き続き、企業はサイバー攻撃に対してより一層の警戒をする必要があるだろう。ここではAIを使ったハッキングや暗号通貨採掘のためのコンピュータ処理能力の窃取など、特に注意すべき6つの重大なサイバー脅威について説明する。 Martin Giles4年前
  4. コネクティビティ
    大統領選挙の不正や妨害はFacebook、Twitterで検出できるか?
    数百人のチームが投票者への脅威や投票をさばけない投票所の兆しをWeb上で探し回る。 Nanette Byrnes6年前
  5. コネクティビティ
    国土安全保障省、米大統領選でハッキング対策
    米国外のハッカーが11月の大統領選挙を混乱させかねない証拠が出てきたことで、問題をどう防止すべきかを検討する機運が高まっている。 Mike Orcutt6年前
  6. コネクティビティ
    米大統領選へのサイバー攻撃 21州がぜい弱性検査を申請
    選挙セキュリティの専門家は、有権者に関するデータベースを狙うサイバー攻撃に当局は備えるべきだという。 Mike Orcutt6年前
  7. ビジネス・インパクト
    トランプ対ヒラリー接戦でも
    再集計不能な米国型選挙
    トランプ対クリントンの接戦が予想される州を含む15州で、ソフトウェアエラーや改ざんを検証できない投票機が使われようとしている。 Mike Orcutt6年前
  8. ビジネス・インパクト
    米国で採用進むネット選挙はすごく危ない
    投票インフラをインターネットに接続するのは安全とはいえないが、米国ではいくつかの州で接続されている。 Mike Orcutt6年前