ユビキタス

Election Monitors to Use Social Media as a Way to Find Voting Problems 大統領選挙の不正や妨害はFacebook、Twitterで検出できるか?

数百人のチームが投票者への脅威や投票をさばけない投票所の兆しをWeb上で探し回る。 by Nanette Byrnes2016.11.08

11月8日火曜日、ほとんどの報道機関は候補者と、投票対象の法案(大統領選に合わせて実施される住民投票)のどちらが多くの票を獲得しているかに注目する。一方で、ジャーナリストと学生団体が、投票のプロセスそのものの問題を検知するために、ソーシャルメディアのデータを活用しようとしている。投票機に不具合がないか? 暫定投票用紙(本人確認ができない場合の投票用紙)は配布されているか? 投票者が不適切に身分証明を求められたり、嫌がらせを受けたりしていないか? 端的に言えば、米国民は投票権を行使できているか?

すでにネバダ州ジョージア州では投票の長い行列ができており、おかしなことは起きている。これらの州では異常なほど多くの投票者が大統領選挙日の前に投票した。

ニューヨークのタイムズスクエアにあるニューヨーク市立大学(CUNY)ジャーナリズム大学院の学生ニュース編集室には150人以上の人が集まるはずだ。プロのジャーナリストと学生が、グーグル等の企業に所属するデータ専門家と一緒に、ピザやコーヒーやスナックを食べながら投票日の大量のデータを精査するのだ。学生ニュース編集室は、非営利ニュースサイトであるプロパブリカ、グーグルニュースラボ、ニューヨーク市立大学(CUNY)等の合同祖機「