1. コネクティビティ
    視覚障がい者を音声でガイド、ホロレンズの意外な使い方
    カリフォルニア工科大学の研究者たちが、AR(拡張現実)ヘッドセットの画期的な使い方を見つけた。ヘッドセットが備える空間マッピング機能と3次元音響を利用して、視覚に障がいがある人を道案内する装置を作ったのだ。バーチャルなガイドが装着者の前方から声で誘導してくれる。 Rachel Metz3年前
  2. コネクティビティ
    マイクロソフトのMR撮影スタジオで記者が踊ってみた
    マイクロソフトは「ホログラム」の普及のために、大がかりなスタジオの設置を進めている。数年以内には普通の人がホログラム撮影ができるようになるとのことだが、記者が一足先に体験してみた。 Rachel Metz4年前
  3. コネクティビティ
    「網膜」の仕組みを模倣、VRを高精細化する新技術が登場
    VR/AR向けヘッドセットの画面の解像度は、ここ数年間で大幅に向上した。しかし依然として、これらの画質は、実生活で私たちが見ているイメージにはほど遠い。 Rachel Metz4年前
  4. コネクティビティ
    MSのHoloLens
    建設業界にイノベーション
    マイクロソフトのHoloLensを使って、建設業界が作業を確認し、高額の出費を抑えようとしている。 Elizabeth Woyke5年前