1. 知性を宿す機械
    第二次世界大戦において暗号とレーダーが戦争の様相を変えたように、量子テクノロジーを用いた兵器が将来の戦争を大きく変える可能性がある。ステルス機を探知する量子レーダーや微弱な磁気の変位を検知できる量子コンパスなど、戦局を左右する量子兵器の開発競争が、米国と中国の間で始まっている。 Martin Giles5カ月前
  2. 知性を宿す機械
    最近、著名な人工知能(AI)研究者たちが自律兵器の開発に協力しないとする誓約書に署名したことが報道された。しかし、こうした行動に対し、自律兵器に関する最新の書籍の著者は、研究者らは協力を拒絶するだけでは不十分だと訴える。 Will Knight11カ月前
  3. 知性を宿す機械
    グーグルのAI倫理規程、軍事利用と距離を置くことはできるのか?
    グーグルは、同社の人工知能(AI)技術が軍に使用されることに反対して多数の社員が退職したことを受けて、同社の技術の軍用化に関する新たな倫理規定を発表した。しかし、多くのIT企業にとって防衛産業は巨大な市場であり、軍との関係を一概に断ち切ることはできないだろう。 Will Knight13カ月前
  4. 知性を宿す機械
    結論しか出さない機械学習システムでは使い物にならない
    最新の機械学習の手法は本質的にブラック・ボックスだ。機械学習に結論に至った理由を説明させるため、米国国防先端研究計画局(DARPA)は複数の研究に投資している。 Will Knight2年前
  5. 持続可能エネルギー
    米軍はなぜ再生可能エネルギーの移行を進めるのか?
    米軍がトランプ政権下でも再生可能エネルギーへの転換を進める意向なのは、そのほうが強くなるからだ。このロジックは「地球のため」と抽象的に環境保護を訴えるより効果的である反面、温暖化対策は直接の目標ではなくなる短所もある。 Jamie Condliffe2年前
  6. コネクティビティ
    ロシアによるウクライナの送電網への再攻撃で、西側諸国が警戒強める
    ウクライナの送電網を停止させ、同国砲兵部隊の位置を把握し続けたハッキングの背後にはロシアがいるのかもしれない。西側諸国も同様の攻撃に注意しなければならない。 Jamie Condliffe3年前