KADOKAWA Technology Review
×
Ukraine’s Power Grid Gets Hacked Again, a Worrying Sign for Infrastructure Attacks

ロシアによるウクライナの送電網への再攻撃で、西側諸国が警戒強める

ウクライナの送電網を停止させ、同国砲兵部隊の位置を把握し続けたハッキングの背後にはロシアがいるのかもしれない。西側諸国も同様の攻撃に注意しなければならない。 by Jamie Condliffe2016.12.23

報道によれば、ロシアのハッカーが送電網を乗っ取り、ウクライナで軍の動きを追跡した。

クラウドストライクのセキュリティ研究者は、ハッカー集団「ファンシー・ベア」(今年前半に起きた米民主党全国委員会のメールサーバーに対するハッキングに関連している)が、アンドロイドのマルウェアでウクライナの砲兵部隊の動きを追跡した、と信じている。民主党全国委員会(DNC)への攻撃に使われたのと同様のコードが、こちらは通信傍受と2014年以降の軍事関連資産の位置データを取得するために使われた、

親ロシア分離派はウクライナ政府軍と東ウクライナで戦い続けており、ロイターが示すとおり、取得された情報は軍事勢力がウクライナの砲兵部隊を標的にするために使われた可能性がある。

別に明るみに出たこともある。ロシア人ハッカーの未確認グループが電力網の指令センターにあるコンピューターを乗っ取り、キエフの街の一部を暗闇しようとしている。ハッカーは明らかにマルウェアをメール経由で従業員に送っており、ログイン認証情報を盗んで、変電所を停止させた。さまざまな話を総合すると、攻撃により、全部で街の夜間エネルギー消費量の約20%に相当する200メガワットの容量が奪われた。

同様の奇妙な事件は、ウクライナのアイバノ・フランクウィスク地方で昨年12月に発生した。当時誰もが思ったのは、ウクライナの送電網に対する最初の大規模襲撃であり、そのような攻撃がまた起きたとしも驚くことではないことだ。CBSニュースは、東ウクライナの緊張の産物といえそうだと伝えた

しかし、たとえ攻撃が東欧であったのだとしても、西側は用心すべきだ。CBSニュースでコメントしたセキュリティ研究者のロブ・リーは「私たちはウクライナへの攻撃を見て『ああ、私たちは攻撃に対して安全です』とは見過ごせません」という。実際、ワイアードが今年の初めに記事にしたように、米国の送電網の多くはウクライナの送電網より安全性が低く、しかも緊急時の再起動により時間がかかるのだ。

つまり、脅威は本物だ。現時点で多くの人が信じているのは、大統領選挙の期間中、米国のシステムが狙われた多くのハックの背後にはロシアがいたことだ。実際のインフラが攻撃リストの次にないと信じる理由はない。

(関連記事:Reuters, CBS News, Wired, “民主主義国にぜい弱性 選挙制度にハッキング危機,” “オバマ大統領、任期いっぱいでのロシアによる選挙干渉への調査を指示,” “クラウドサービス型ボットネットのレンタル代は10万台で7500ドル”)

人気の記事ランキング
  1. These scientists used CRISPR to put an alligator gene into catfish ワニの遺伝子を組み込んだ「CRISPRナマズ」が米国で誕生
  2. People are already using ChatGPT to create workout plans チャットGPTはパーソナルトレーナーになるか? 実際に試してみた
  3. Why EVs won’t replace hybrid cars anytime soon トヨタの賭け、EV一辺倒ではなくハイブリッド車を売り続ける理由
  4. What’s next for batteries リチウムイオン以外の選択肢は台頭するか? 23年の電池業界を占う
  5. How AI-generated text is poisoning the internet AI生成コンテンツに汚染されるインターネット、その対策は?
タグ
クレジット Photograph by Max Vetrov | Getty
ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe]米国版 ニュース・解説担当副編集長
MIT Technology Reviewのニュース・解説担当副編集長。ロンドンを拠点に、日刊ニュースレター「ザ・ダウンロード」を米国版編集部がある米国ボストンが朝を迎える前に用意するのが仕事です。前職はニューサイエンティスト誌とGizmodoでした。オックスフォード大学で学んだ工学博士です。
2023年のテクノロジー大予測

2023年のテクノロジーはどう動くのか? AIから量子コンピューター、宇宙開発、mRNAワクチンまで、重要トレンドをMITテクノロジーレビューが徹底予測。各分野の専門家や有力プレイヤーへの取材をもとに、技術・資金・政策などの多角的な視点で解説する。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. These scientists used CRISPR to put an alligator gene into catfish ワニの遺伝子を組み込んだ「CRISPRナマズ」が米国で誕生
  2. People are already using ChatGPT to create workout plans チャットGPTはパーソナルトレーナーになるか? 実際に試してみた
  3. Why EVs won’t replace hybrid cars anytime soon トヨタの賭け、EV一辺倒ではなくハイブリッド車を売り続ける理由
  4. What’s next for batteries リチウムイオン以外の選択肢は台頭するか? 23年の電池業界を占う
  5. How AI-generated text is poisoning the internet AI生成コンテンツに汚染されるインターネット、その対策は?
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.9
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.9量子時代のコンピューティング

グーグルやIBMなどの巨大テック企業からベンチャーまで、世界的な開発競争が加速する「量子コンピューター」を中心に、コンピューティングの動向を取り上げる。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る