1. 生命の再定義
    実用化が近づく遺伝子編集治療、2017年の4大トピックス
    遺伝子編集技術「CRISPR(クリスパー)」の登場により、かつては治療のすべがなかった難病やがんに対して遺伝子療法を適用できる可能性が高まっている。疾病治療や臓器移植などで実用化が近づきつつある遺伝子編集技術に関する2017年4大トピックスを紹介する。 Emily Mullin3年前
  2. 生命の再定義
    人間への臓器移植に向けて遺伝子操作した安全な子ブタが誕生
    ハーバード大学の研究室から派生した企業が、クリスパーによる遺伝子操作で、人に感染する恐れのあるウイルスを保有しない子ブタを誕生させた。人間への臓器移植に、ブタの臓器をより安全に使えるようになる可能性がある。 Emily Mullin4年前
  3. 生命の再定義
    動物の体内でヒト臓器を育てる研究は物議を醸すが、実現からはほど遠い。 Antonio Regalado4年前