1. 生命の再定義
    遺伝子情報に基づく適確医療に対する世間の注目が集まっているが、当初に期待したほどの成果をまだ挙げられていないことも確かだ。舌鋒鋭い批判で知られる腫瘍専門医のビナイ・プラサド准教授によれば、個別の遺伝子治療の利点が誇張されることで、公衆の誤解を招き、ひいては患者の不利益になっているという。 Stephen S. Hall2年前
  2. 生命の再定義
    がんに関与する遺伝子と患者の生存を関連づける「地図帳」が公開
    スウェーデンの研究者たちが、多くのがんに関与する遺伝子と患者の生存とを関連づける「地図帳」を作成した。研究結果はがんの個別治療の必要性を強調するもので、32の遺伝子が創薬ターゲットになるだろうと予測している。 Emily Mullin4年前
  3. ビジネス・インパクト
    トランプ次期大統領には
    科学的思考が必要だ
    フランクリン・D・ルーズベルト元大統領以来、どの大統領にも科学顧問がいた。しかし、トランプ次期大統領は科学顧問をまだ指名しておらず、有力な候補者すら示されていない。 Mike Orcutt4年前
  4. ビジネス・インパクト
    勝つのは誰か?
    適確医療イノベーション
    ヒトゲノムの塩基配列が決定して13年がたち、目覚ましい成果をあげる治療法が開発されだした。 Nanette Byrnes5年前
  5. ビジネス・インパクト
    ゲノム解析で始まる
    お金持ちが健康に生きる世界
    多くのデータを分析することで、遺伝子配列決定の先駆者は、DNAと病気の関係の不明点を解き明かそうとしている Arlene Weintraub5年前