1. 知性を宿す機械
    アームが初の機械学習専用チップ、AIでも世界を制するか
    アーム(ARM)がモバイル機器向けの人工知能(AI)専用チップを発表した。AIの処理に必要な線型代数の演算をより少ない電力で実行でき、メモリーへのデータの入出力も速い。2019年初めには各社のスマホに搭載されて、市場に登場するだろう。 Jamie Condliffe15カ月前
  2. コネクティビティ
    メルトダウン/スペクター問題、30億個のCPUに脆弱性か
    チップの欠陥による「メルトダウン」「スペクター」脆弱性を有するプロセッサーの数を見積もったところ、全世界のスマホやパソコン、サーバーなどが搭載する約30億個以上に達することがわかった。リスクを軽減するために、修正ソフトやOSのアップグレードが出たら迅速に適用する必要がある。 Martin Giles17カ月前
  3. コネクティビティ
    「IoTチップ1兆個供給」
    ARMの研究者に聞く、
    孫正義構想の課題
    ARMを買収し、「1兆個のIoT機器にチップを供給する」とぶち上げたソフトバンクの孫正義CEO。そのビジョンを実現するために解決すべき課題とは何か。ARM研究所の幹部に話を聞いた。 Jamie Condliffe2年前