1. 知性を宿す機械
    毎週のロケット打ち上げを可能にするスペースXの新技術とは
    スペースXが米国空軍と共同開発した自律型ロケット追跡技術は、ロケット打ち上げのコストを劇的に削減し、打ち上げ準備期間を大幅に短縮できる可能性がある。同技術を使ったロケット3機の打ち上げが2017年11月に予定されている。 Mike Orcutt3年前
  2. ビジネス・インパクト
    スペースXが連続打ち上げに成功 「再利用型」でロケットスタート
    スペースXは2017年6月23日、2度目のロケット再利用に成功した。「ある航空会社が何回も飛べる航空機を販売しているのに、他社はどこも1度しか飛べない航空機を販売しているとしたらどうでしょう」。イーロン・マスクCEOは自信満々だ。 Jamie Condliffe4年前
  3. ビジネス・インパクト
    「商用宇宙旅行」時代の再利用型ロケット開発競争
    軍事と研究用途で始まった宇宙開発は、スペースXの再利用型ロケットの打ち上げ・回収成功で「商用宇宙旅行」時代を迎えた。ただし、スペースXの成功は1回だけ。独自の方法を目指す競合他社もあり、実際には再利用型ロケットの開発競争が始まったばかりの段階だ。 Jamie Condliffe4年前
  4. ビジネス・インパクト
    スペースX、次は24時間以内のロケット再発射に挑戦
    スペースXが次に目指すのは、24時間以内のロケット再発射だ。ペイロード(積載物)の重量や衛星を投入する軌道にもよるが、ロケット本体は打ち上げコストの3割を占めるるため、再利用型ロケットにより、商用ロケット市場に大きな変化が起きる可能性がある。 Jamie Condliffe4年前
  5. ビジネス・インパクト
    再利用可能ロケット、免疫工学、テスラのオートパイロットなど、昨年選んだ新しいアイデアは、どこまで世界を変えただろうか? Tom Simonite4年前