KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
スペースX、次は24時間以内のロケット再発射に挑戦
SpaceX Has Reused Its First Rocket

スペースX、次は24時間以内のロケット再発射に挑戦

スペースXが次に目指すのは、24時間以内のロケット再発射だ。ペイロード(積載物)の重量や衛星を投入する軌道にもよるが、ロケット本体は打ち上げコストの3割を占めるるため、再利用型ロケットにより、商用ロケット市場に大きな変化が起きる可能性がある。 by Jamie Condliffe2017.04.03

スペースXは再利用型ロケットで歴史に名を残し、商用宇宙旅行の未来まで描き直そうとしている。

3月30日午後、イーロン・マスクが設立した宇宙飛行企業スペースXが偉業を成し遂げた。スペースXは史上初めて、再利用型ロケットブースターを宇宙まで打ち上げることに成功したのだ。成功は打ち上げだけではない。衛星を静止軌道に乗せ、宇宙から地上にロケットを帰還させ、積載物(ペイロード)を覆っていたフェアリング(ロケット先端部分)まで回収して再使用しようとしている。

今回の偉業は、スペースXが15年間の月日をかけて取り組んだ成果であり、商用の宇宙飛行を事業化する強い意志のたまものだ。スペースXは、ロケットを低コストで運用し、事業化する構想を実現するため、再利用型ロケットをビジネスモデルの必須要素として、ずっと温め続けてきた。なお、MIT Technology Reviewは、2016年版ブレークスルー・テクノロジー10のひとつに再使用型ロケットを選定済みだ。

再利用型ロケットは、非常に合理的なアイデアだ。ニューヨーク・タイムズ紙の記事にあるとおり、スペースXが実行した典型的なロケットの打ち上げ費用は約6200万ドル。費用には、打ち上げごとに、地球に落下して粉々になって帰還するロケ …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント