KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
SpaceX Has a Reusable Rocket, and Now the Race Is on to Perfect Them

「商用宇宙旅行」時代の再利用型ロケット開発競争

軍事と研究用途で始まった宇宙開発は、スペースXの再利用型ロケットの打ち上げ・回収成功で「商用宇宙旅行」時代を迎えた。ただし、スペースXの成功は1回だけ。独自の方法を目指す競合他社もあり、実際には再利用型ロケットの開発競争が始まったばかりの段階だ。 by Jamie Condliffe2017.04.07

ロケットのリサイクルは将来成功の見込みがある新しいアイデアであり、スペースXの先行は明らかだ。だが実際には、打ち上げは1回しか成功しておらず、スペースXの優位を崩す手法を開発できる領域はほかにも多くある。

スペースXは先週、修理調整済みのロケット打ち上げに成功し、衛星を静止軌道に乗せ、さらに再打ち上げの第一段階に到達したばかりだ。スペースXの長期的目標は、ロケットを24時間以内に完璧に整備することだ。これができるれば、たった1日でロケットを発射して回収し、再発射できる。

ロケット回収成功は偉業だ。だが、発射成功でも、スペースXの手法でどの程度費用対効果があるのかはわからない。そういうわけで、ロケットをリサイクルするテクノロジーは今週、コロラドスプリングス(コロラド州)で開催された第33回宇宙シンポジウムで注目の話題になった。シンポジウムには宇宙産業の大物が集まり、自分たちの進捗状況を共有した。

ユナイテッド・ローンチ・アライアンス(ULA、米国防総省と米国航空宇宙局(NASA)に打ち上げサービスを提供する、ロッキード・マーチンとボーイングの合弁企業で、ロケットの再利用に関しては実験以前の段階)のトリー・ブルーノ最高経営責任者(CEO)は、スペースXの手法が間違いなく正しいやり方なのか確信できないでいる。フィナンシャル・タイムズ紙(ペイウォール)の記事によれば、ブルーノCE …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント