1. 原研哉さんに自動運転のカンファレンスへの登壇を依頼した理由
    デザイナーの原研哉さんは、「移動のメインストリームは、個人のものから都市インフラに近いものへと変わっていく」と予想する。MITテクノロジーレビューが開催するテクノロジー・カンファレンス「Future of Society Conference 2018」では原さんに「移動への欲望と未来」をテーマにお話いただく予定だ。 Motoki Kobashigawa6年前

  2. インテルのモービルアイ買収目的は、強化学習とデータと人材
    インテルが153億ドルを払ってまで、自動車のマシン・ビジョンと機械学習を専門に扱うイスラエル企業モービルアイを買収したいのは、強化学習とデータと人材が目的と見て間違いない。 Will Knight7年前

  3. トヨタの自動運転「守護天使」の概念はどこが優れているのか?
    トヨタは、自動運転システムを「守護天使」の概念に基づいて開発しようとしている。完全自律運転よりも早期の実用化が期待でき、機械単独よりも事故を防止できる確率が高くなる、優れたアイデアだ。 Tom Simonite7年前

  4. ウーバーの無人タクシー実験
    試乗レポート
    ウーバーがピッツバーグで実証実験を始めた半自律型タクシーに乗ってみると、テクノロジーはまだ未熟であることを体験できる。 Will Knight8年前