KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
Toyota Tests Backseat Driver Software That Could Take Control in Dangerous Moments

トヨタの自動運転「守護天使」の概念はどこが優れているのか?

トヨタは、自動運転システムを「守護天使」の概念に基づいて開発しようとしている。完全自律運転よりも早期の実用化が期待でき、機械単独よりも事故を防止できる確率が高くなる、優れたアイデアだ。 by Tom Simonite2017.03.08

対向車線を横切るのは、ドライバーによる毎日の運転でもかなり危険を伴う操作のひとつだ。トヨタの研究者は、自動車が危険な状況にあるとき、自動車内蔵の守護天使(ガーディアン・エンジェル)ソフトウェアが命を救えると考えている。

トヨタは、米国にある自社専用試験場で、人間が危険なミスを犯しているかを判断する「ガーディアン」と呼ばれるシステムの概念を実証するために、左折(米国で対向車線を横切る運転操作、日本いえば右折)等の危険シナリオから実証した。

車外に設置したレーダー等のセンサーが車両周辺の状況を監視し、車内のカメラはドライバーの頭の動きや視線を追跡する。ソフトウェアは、センサーのデータにより、人間にいつ危険な状況だと気付かせるか、回避させるか、あるいは放っておくのかを算出する。

現時点でトヨタは、車に差し迫る危険や、人間のドライバーが危険を察知しているか、ソフトウェアが理解できるのかを試験しているだけだ。しかしトヨタは、最終的には、人間が危険に対処しそうにないとき、守護天使を発動させ、危険を回避させるつもりでいる。

トヨタ研究所(TRI、2015年にロボット工学と自動運転を研究するために設立されたトヨタの子会社、“Toyota’s Billion Dollar Bet”参照)のライアン・ユースティス副社長(自律運転 …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント