1. ビジネス・インパクト
    ウィキペディアの創設者、ねつ造ニュース対策に乗り出す
    プロのジャーナリストの原稿がボランティアに編集され、クラウド・ファンディングで報酬を支払われれば、ねつ造ニュースは防げるのだろうか? Jamie Condliffe2年前
  2. コネクティビティ
    悪口とは何か? 機械学習用に荒らしコメント1万3500件を収集
    人間同士の罵倒を避けるため、1万3500件のWikipediaのノートページのデータが、機械学習用の訓練データになった。英語なので、日本版を作れば、ののしり合いを機械が仲裁してくれるかもしれない。 Tom Simonite2年前
  3. 知性を宿す機械
    死者が40人以上の事故は
    インターネットで話題になる
    Wikipediaの航空機の墜落事故のページは、予想外の要因でトラフィックが決まっていた。 Emerging Technology from the arXiv3年前
  4. 知性を宿す機械
    ウィキペディアは多くの利用者とインターネットサービスが依存する史上最大の百科事典だが、年を追うごとに存在感を増す一方で、構築したコミュニティーは縮小している。コミュニティーは活気を取り戻せるのか。それとも、ウィキペディアがウェブの理想を体現する時代は終わるのだろうか。 Tom Simonite6年前