KADOKAWA Technology Review
×
Wikipedia’s Founder Wants to Fix Fake News

ウィキペディアの創設者、ねつ造ニュース対策に乗り出す

プロのジャーナリストの原稿がボランティアに編集され、クラウド・ファンディングで報酬を支払われれば、ねつ造ニュースは防げるのだろうか? by Jamie Condliffe2017.04.26

ウィキペディアの共同創設者ジミー・ウェールズは、異例ともいえる計画を立てて現在のインターネット上の禍いであるねつ造ニュースを一掃しようとしている。自らが創設して世界を変えたオンライン百科事典からヒントを得て、ウェールズはニュースが作られる工程を再構築しようと考えている。

ウェールズが夢想するのは、市民精神あふれるボランティアのコミュニティが手を貸しながら、記者が隠れられない形でニュースが作られる未来だ。その結果できあがったニュースは、ウィキトリビューンという完全無料のオンライン・ニュースとして提供され、数多くの情報源やデータのリンクが貼られ、多くの献身的なボランティアが公明正大なふるいにかけ、正確さが検証され続ける。

その目的を果たすため、ウェールズは少数のプロのジャーナリストを雇い、その報酬をクラウド・ファンディングによる支援者からの寄付で賄う計画を立てている。寄付をする人々には扱ってほしいニュースを主張する権利があり、ジャーナリストは透明性を確保するために取材の全記録や録音を提供する義務が生じる。最終的な記事は、ボランティア・コミュニティが内容をチェックして校正する。

ガーディアン紙の取材でウェールズは、自身の構想を「人民による人民のためのニュース」と呼んだ。読者がお金を払って読んでくれるニュースかどうかがまず問題だ。また、どんな話題をウィキトリビューンは扱うのか、スタッフとしてジャーナリストとの共同作業をするに足る能力のある大勢のボランティアを集め、協力を仰げるのかも問題だ。

ウィキペディアの黄金時代が去ったとはいえ、多くの人々が社会の利益のために、時間を割いてまで事実を正すことに関心を払うことを立証する役目を果たした。同じ論理がジャーナリズムに適用されないはずがない。

まだ詳細な部分についてはいくらか問題があるものの、ウィキトリビューンは少なくともねつ造ニュース問題に率先して取り組もうとしている。虚構と真実をふるい分けるのはあくまでも読み手の責任であるとしたフェイスブックやグーグルの対応に続く、建設的な一歩であるのは疑いようもない。

(関連記事:Wikitribune, The Guardian, “グーグルとフェイスブック、ねつ造ニュース対策をユーザーに丸投げ,” “落ち目のウィキペディア”)

人気の記事ランキング
  1. Singapore’s police now have access to contact tracing data シンガポールの接触追跡アプリが方針転換、犯罪捜査でも利用可に
  2. The winners of Innovators under 35 Japan 2020 have been announced MITTRが選ぶ、日本発の35歳未満のイノベーターを発表
  3. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  4. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  5. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
タグ
クレジット Image courtesy of Eric Piermont | Getty
ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe]米国版 ニュース・解説担当副編集長
MIT Technology Reviewのニュース・解説担当副編集長。ロンドンを拠点に、日刊ニュースレター「ザ・ダウンロード」を米国版編集部がある米国ボストンが朝を迎える前に用意するのが仕事です。前職はニューサイエンティスト誌とGizmodoでした。オックスフォード大学で学んだ工学博士です。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Singapore’s police now have access to contact tracing data シンガポールの接触追跡アプリが方針転換、犯罪捜査でも利用可に
  2. The winners of Innovators under 35 Japan 2020 have been announced MITTRが選ぶ、日本発の35歳未満のイノベーターを発表
  3. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  4. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  5. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る