KADOKAWA Technology Review
×
輸送
35歳未満のイノベーター[日本版] 2023輸送

Naoto Morita 森田 直人 (31)

所属: 東京大学

ドローンと人工衛星のいいとこ取り。長時間滞空可能な無人航空機を開発し、成層圏へのアクセスを劇的に容易にする。

ドローンは今や、手軽な空撮機材あるいは輸送機材として、測量や物流など多岐にわたって使用されている。だが、長期にわたる地上観測や災害監視に利用しようとする場合には、航続時間の短さが致命的な欠点として指摘されている。一方、人工衛星は、常時滞空できるものの、打ち上げや運用にコストがかかるうえ、地上分解能が低く、静止衛星を除いて定点滞空ができない欠点がある。

東京大学工学系研究科航空宇宙工学専の助教である森田直人(Naoto Morita)が研究・開発しているのは、まさに両者の「いいとこ取り」と言える「HAPS(High-Altitude Pseudo-Satellite)」と呼ばれる無人航空機だ。HAPSは、高度20キロメートル付近を滞空し続けることが可能で、任意の場所で待機しながら定点を観測するだけでなく、すばやく移動して滞空地点を変更できるため、人工衛星と無人航空機の両方のメリットを活かせる。

HAPSにはさまざまなタイプがあるが、近年の技術向上により、翼とソーラーパネルを備えた固定翼型のHAPSの実現が見えてきた。固定翼型HAPSの性能を向上させ、滞空時間を長くする効果的な方法の一つとして、主翼の横幅を大きくすることがある。だが、細長い翼には、飛行時にかかる荷重で折れてしまったり、変形して飛行性能を悪化させたりする問題点がある。

そこで森田らの研究チームが採用したアプローチが、細長く柔軟な翼の構造の変形を飛行中に制御することで「柔らかい機体を強引に飛行させる」ことだ。構造の変形を制御するカナード(先尾翼)を3枚取り付け、これらを独立に制御することで飛行を安定化し、風などの外乱による機体への負荷を低減させる方法を考案。2022年3月には、スケールダウンした技術実証機の定常飛行に成功した。

研究チームによると、こうした能動空力弾性制御技術による実験機の飛行は日本初で、複数カナード形態の無人航空機の飛行実証は世界初だという。同チームは2024年夏には高度150メートル以下での現在の最長滞空時間記録である82時間という記録を打ち破るべく、大型の技術実証機の製作を進めているところだ。

(中條将典)

人気の記事ランキング
  1. OpenAI teases an amazing new generative video model called Sora 動画でも生成革命、オープンAIが新モデル「Sora」を発表
  2. Promotion MITTR Emerging Technology Nite #27 MITTR主催「アクセシビリティとテクノロジー 」開催のご案内
  3. How sulfur could be a surprise ingredient in cheaper, better batteries 米ベンチャーがリチウム硫黄バッテリーを生産、EV搭載はいつ?
  4. How virtual power plants are shaping tomorrow’s energy system 解説:送電の概念を変える「バーチャル発電所」とは何か?
人気の記事ランキング
  1. OpenAI teases an amazing new generative video model called Sora 動画でも生成革命、オープンAIが新モデル「Sora」を発表
  2. Promotion MITTR Emerging Technology Nite #27 MITTR主催「アクセシビリティとテクノロジー 」開催のご案内
  3. How sulfur could be a surprise ingredient in cheaper, better batteries 米ベンチャーがリチウム硫黄バッテリーを生産、EV搭載はいつ?
  4. How virtual power plants are shaping tomorrow’s energy system 解説:送電の概念を変える「バーチャル発電所」とは何か?
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る