KADOKAWA Technology Review
×
【4/24開催】生成AIで自動運転はどう変わるか?イベント参加受付中
エネルギー/持続可能性
35歳未満のイノベーター[日本版] 2023エネルギー/持続可能性

Kenjiro Yamamoto 山本 憲二郎 (32)

所属: Aster(アスター)/東京大学

塗るだけで建物の耐震性を高める塗料を開発。地震による犠牲者減少に貢献。

石やレンガ、コンクリートブロックを積み上げて建築物を作る組積造(そせきぞう)という工法は、エジプトのピラミッドの時代から存在し、どこでも手に入る材料で住環境が良い建物を建造できることから、現在でも世界人口の60%の人々が組積造の建物に居住している。しかし、組積造の建物には地震に極めて弱いという大きな欠点がある。しかも組積造の建物の多くが地震多発地域に存在し、過去100年の世界の地震による犠牲者のうち80%が組積造の建物の崩壊で亡くなっている。2023年2月に発生したトルコ・シリア地震でも、崩壊した建物の多くは組積造の建物だった。

組積造の建物の耐震強化は喫緊の課題となっているが、既存の耐震技術は導入に高度な技術や機械が必要であり、簡単に利用できるものではない。しかも、組積造の建物に居住している人の大多数を占める中流〜貧困層は、自身が住む建物の耐震強化に費用を出す余裕がない。その結果、組積造の建物の耐震強化は進まず、地震が起こるたびに多くの犠牲者を出し続けている。

東京大学生産技術研究所で特任助教を務める山本憲二郎(Kenjiro Yamamoto)は、組積造の建物の耐震強化を目的に、樹脂と繊維を混ぜ合わせた耐震塗料を共同開発した。建物改修会社に勤務していた鈴木正臣が開発したコンクリートのコーティング材をベースに、耐震塗料として改良したものだ。この塗料を組積造建造物の壁に塗布して、2週間ほど乾燥させると建造物が強い耐震性を持つようになる。塗布には特殊な技術を必要とせず、世界中の多くの地域で現地生産できるため安価で提供でき、耐震強化に費用を出す余裕がない中流〜貧困層にも利用しやすい。組積造住宅は定期的な外壁の塗り替えがされるため、その際にこの塗料を塗るだけで、建造物の耐震性能を大きく高めることができる。

山本は東京大学大学院在学中の2019年1月、耐震塗料の実用化を目指してAster(アスター)を鈴木らと共同で創業。JICA(国際協力機構)と連携してフィリピン政府に学校建物の耐震強化を提案し、現地2カ所の学校建物に施工した。施工した建物は、その後数度の地震に見舞われたが無傷のままだという。さらにAsterは現地で活動する民間建設業者にも耐震塗料を提案している。

(笹田 仁)

人気の記事ランキング
  1. Why it’s so hard for China’s chip industry to become self-sufficient 中国テック事情:チップ国産化推進で、打倒「味の素」の動き
  2. How thermal batteries are heating up energy storage レンガにエネルギーを蓄える「熱電池」に熱視線が注がれる理由
  3. Researchers taught robots to run. Now they’re teaching them to walk 走るから歩くへ、強化学習AIで地道に進化する人型ロボット
人気の記事ランキング
  1. Why it’s so hard for China’s chip industry to become self-sufficient 中国テック事情:チップ国産化推進で、打倒「味の素」の動き
  2. How thermal batteries are heating up energy storage レンガにエネルギーを蓄える「熱電池」に熱視線が注がれる理由
  3. Researchers taught robots to run. Now they’re teaching them to walk 走るから歩くへ、強化学習AIで地道に進化する人型ロボット
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る