1. アドリアナ・シュルツ(ワシントン大学)
    材料科学や工学を理解していなくても、誰でも製品を設計できるコンピューターベースのツールを開発している。MIT Technology Review Editors8カ月前

  2. 仲田真輝(ニューラルエックス)
    現在の新型コロナウイルス感染症の蔓延状態において人々の健康を支える技術を開発している。 MIT Technology Review Japan8カ月前

  3. ルイス ロビン敬(mymizu/Social Innovation Japan)
    地球規模の環境問題に対し、身近な「給水アプリ」を軸にしたムーブメントを巻き起こす。 MIT Technology Review Japan8カ月前

  4. 高橋祥子(ジーンクエスト)
    個人向けゲノム解析サービスを日本で初めて事業化。ビジネスと研究、社会課題の橋渡しをする。 MIT Technology Review Japan8カ月前

  5. 中垣 拳(MITメディアラボ)
    革新的なユーザー・インターフェイスを生み出す発明家。遊び心あふれた手触りのあるアイデアで、機械と人間との新しい関係性を追求する。 MIT Technology Review Japan8カ月前

  6. 中ノ瀬 翔(GITAI)
    イーロン・マスクの「先」を見据え、宇宙のロボット化を目指す先駆者。 MIT Technology Review Japan8カ月前

  7. 本多達也(富士通)
    誰もが音を「感じられる」ガジェットを開発。大企業を動かす行動力で量産化に漕ぎ着けた。 MIT Technology Review Japan8カ月前

  8. 福澤知浩(SkyDrive)
    日本発の「空飛ぶクルマ」起業家。2020年、日本初の有人飛行実験に成功し、3年後のサービスインを目指す。 MIT Technology Review Japan8カ月前

  9. 御手洗 光祐(大阪大学大学院)
    量子コンピューターを機械学習へと応用するための世界初のアルゴリズムを構築。量子コンピューターのソフトウェアベンチャーを共同創業した。 MIT Technology Review Japan8カ月前

  10. 落合 陽一(筑波大学/ピクシーダストテクノロジーズ)
    「デジタルネイチャー」の到来を目指す構想家。メディアアーティストとしての表現活動の評価も高い。 MIT Technology Review Japan8カ月前

  11. 浅川 純(Pale Blue)
    「水を推進剤とした宇宙推進機」で小型衛星が抱える環境と持続可能性の課題を解決し、宇宙開発の新世界の実現を目指す東大発スタートアップ。 MIT Technology Review Japan8カ月前

  12. 成田悠輔(イェール大学、半熟仮想)
    データやアルゴリズムが、機能不全に陥った社会の価値制度インフラを変えていくという理念の下で、複数の国や文化、業界をまたいで活動する「革命家」。 MIT Technology Review Japan8カ月前

  13. 安田クリスチーナ(国際NGO InternetBar.org/米マイクロソフト)
    分散型ID技術の標準化や社会実装を通じて、国や組織の垣根を超えた「信頼構築」の実現を目指す。 MIT Technology Review Japan8カ月前

  14. 伊藤昌平(FullDepth)
    老朽化する社会インフラの維持を担う発明家。「海の情報化」の夢を描く。 MIT Technology Review Japan8カ月前