KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

アップルのARヘッドセットは2020年に発売か

An Apple AR Headset, Coming in 2020?アップルのARヘッドセットは2020年に発売か

アップルは今後3年以内に新しいチップとソフトウェアを開発し、拡張現実(AR)に特化したハードウェアを発売すると伝えられている。

アップルがARデバイスを製品化しようとしている計画はすでに知られており、いろいろと報道されている。しかし、ブルームバーグが新たに報じたところによると、「アップルは2019年までにARヘッドセットの技術を完成させ、2020年初頭の出荷を目指している」という。この計画を実現するために、アップルは低電力チップセットだけでなく、リアリティOS(Reality OS)という新たなオペレーティング・システムを開発しているようだ。

しかし、ARの製品化にはそれだけでは足りない。今年の初めティム・クックCEOはインディペンデント紙に、ユーザーに高品質な体験を与えるARヘッドセット・システムに欠かせないディスプレイのテクノロジーはまだ存在しないと語り、「ディスプレイの品質を左右する視界がまだ十分ではない」と説明した。また、クックCEOは「大きくて邪魔なヘッドセットを装着することにも課題が残っている」と指摘した。

一方でブルームバーグは、アップルはARデバイスのユーザーインタフェースを決めかねていると指摘している。入力手段として、「タッチパネル」「Siriによる音声操作」「頭部によるジェスチャー」を検討していると言われている。

結局のところ、アップルが2020年までにARデバイスを発売するならば、課題が山のようにあるということだ。しかし、現段階での課題は、このデバイスをいつ製品化するかであり、どうやって製品化するかではないようだ。

ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe] 2017.11.14, 6:07
他のニュースも読む
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント