KADOKAWA Technology Review
×
年間購読料20%オフ & マガジン1冊プレゼントキャンペーン 実施中!

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

フェイスブック、仕様変更で情報収集から交流の場へ回帰
RawPixel.com | Unsplash
Facebook Promises to Build a “More Meaningful” News Feed

フェイスブック、仕様変更で情報収集から交流の場へ回帰

フェイスブックは、ニュースフィードを改善して、企業やメディアなどが拡散するコンテンツの表示を減らし、友達からのコンテンツの表示を増やす。

フェイスブックによれば、「意義のある交流をかきたてる」ために友達や家族からの投稿を優先し、企業やブランドからの投稿の表示順位を低くするという。表示方法を変更することで、ユーザー同士のやりとりが活発になることを期待している。

背景にあるのは、フェイスブックへの批判だ。フェイスブックは、ニュースフィードでのユーザーの滞在時間をできるだけ引き延ばすような内容とデザインを優先しており、またねつ造ニュースや不快なコンテンツを拡散することを手助けをしている、と言われてきた。

ザッカーバーグCEOによると、この変更は「ソーシャル・メディアを大切な人たちとの交流の場として使えば、ソーシャル・メディアは幸福を資するものになる」という、以前フェイスブックが公表した研究に基づいたものだという。

変更の結果、フェイスブックに費やされる時間が減少するとフェイスブック自身も予想しているが、サイト上の交流はより「価値あるもの」になると考えている。とはいえ、今回の変更がどれだけ影響があるのかは分からない。

ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe] 2018.01.15, 18:45
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
年間購読料 20%OFF
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る