KADOKAWA Technology Review
×

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

各国でネットの自由度が低下、メディア規制や監視強化が要因 Internet freedom around the world has fallen for the 8th year in a row

各国でネットの自由度が低下、メディア規制や監視強化が要因

新たな報告によると、各国政府がオンラインの自由に対する締め付けを強めるにつれて、デジタル利用に対する権威主義が台頭しつつある。そしてその中には米国も含まれている。

シンクタンクのフリーダム・ハウス(Freedom House)の報告は、ネットワーク中立性の法の廃止が主な要因となって、米国におけるインターネットの自由度が低下したと述べている。調査対象とした65カ国のうち26カ国でオンラインの自由度が低下しており、そのうちのほぼ半数の国ではそれが選挙に関連している。全体の半数の国で、ステマ、ボット、荒らしなどを使ったオンライン会話の操作が画策されていた。ほぼ3分の1の国で、フェイクニュース対策に言及して、オンライン・メディアを規制する新たな法律を可決または提案している。さらに、監視体制の強化も18カ国の政府でみられ、その多くが暗号化レベルを弱めてデータに自由にアクセスできる度合いを増やそうとしている。

2018年、中国は全世界でも最悪の記録を達成した。中国の官僚たちが他国に対して、デジタルにおける権威主義のトレーニングを手助けするために、調査対象の65カ国中36カ国からの代表者を集めてセミナーを開催したのだ。これは将来にとって良くない兆候だ。

しかし、悪いニュースばかりでもない。今年、ソーシャル・メディア、アプリ、ライブストリーミングといったオンライン・サービスのすべてが、アルメニアにおける平和的革命の一助となった。フリーダム・ハウスの報告書によると、エチオピアでは新首相がブロガーたちを監獄から釈放し、オンラインにおけるコミュニケーションへの規制を緩めることを約束した。

charlotte.jee [Charlotte Jee] 2018.11.05, 6:45
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
いまだけ【5000円引き】クーポン配布中
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る