KADOKAWA Technology Review
×
金融界の急進的なAI化、WEFが指摘する「世界経済混乱」リスク
知性を宿す機械 Insider Online限定
The World Economic Forum warns that AI may destabilize the financial system

金融界の急進的なAI化、WEFが指摘する「世界経済混乱」リスク

世界経済フォーラムの報告書によると、人工知能(AI)が金融業界に浸透すると、サイバーセキュリティのリスクが高まると同時に、システムに単一障害点が生じる恐れがあるという。しかし業界は、AI研究者を続々と雇って、さまざまなサービスを自動化することに躍起になっている。 by Will Knight2018.08.17

人工知能(AI)により金融界は今後10年ほどで作り替えられるだろう。投資や他のサービスが自動化されるのだ。しかし、世界経済フォーラム(World Economic Forum:WEF)が発表した新たな報告書によると、AIを活用することで、システム上の厄介な脆弱性とリスクも抱え込むことになるという。

この報告書は、何十人もの有名な金融専門家や産業リーダーとのインタビューをまとめたもので、AIによって金融業界が混乱に陥ると結論づけている。アーリーアダプターが競争相手を打ち負かすことができるというのがその理由だ。報告書によるとまた、AIによって、個人ファイナンスや個人投資を管理する高度なツールなど、消費者向けのより便利な製品も生まれてくるという。

しかし、報告書の指摘の中で特に注目すべきなのは、大手金融機関が将来的に、機械学習を基にしたサービスをクラウド上で構築する可能性だ。こうしたサービスは他の機関から利用できる。

この報告書の主要な著者であり、WEFで「金融サービスにおけるAI」プロジェクトを率い …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る