KADOKAWA Technology Review
×
脱原発では達成困難か?
米カリフォルニア州
「炭素ゼロ」の理想と現実
Nuclear Regulatory Commission
持続可能エネルギー 無料会員限定
How California could affordably reach 100 percent clean electricity

脱原発では達成困難か?
米カリフォルニア州
「炭素ゼロ」の理想と現実

カリフォルニア州議会が2045年までに「炭素ゼロ発電100%」を実現する法案を可決した。しかし、MITの研究者たちは、太陽光発電や風力発電といった再生可能エネルギーに固執し、その他の「安定したクリーンなエネルギー源」を活用しないようだと膨大なコストがかかると指摘している。 by James Temple2018.09.11

8月末、カリフォルニア州議会は、2045年末までに二酸化炭素放出量ゼロのエネルギー源のみで同州の電力を供給することを求める法案を可決した。歴史に名を残すクリーンエネルギー法案が、知事の決裁を待っている(「カリフォルニア州、2045年までに『炭素ゼロ発電100%』実現へ」を参照)。

しかし、そうした政策に用いられるテクノロジーの内訳が、最終的にかかるコストだけではなく、最終目標を達成する可能性も大きく変えてしまう可能性がある。

マサチューセッツ工科大学(MIT)のエネルギー研究者らによる新たな論文が米科学誌『ジュール(Joule)』に掲載された。論文の結論として、原子力発電所や二酸化炭素回収設備を備えた天然ガス発電所のように「安定した低炭素のエネルギー源」を多く建設すると、蓄電池のバックアップを備えた風力発電や太陽光発電などの再生可能エネルギー源だけに頼るのに比べて、電力コストを62%も削減できる可能性があるという。

これらの安定したエネルギー源を組み合わせて使うことで、「送電網の脱炭素を …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る