KADOKAWA Technology Review
×
【今週水曜26日開催】1800人が参加した「生成AI」第3弾。イベント申込受付中!
Google’s Assistant Is More Ambitious Than Siri and Alexa

Siriとアレクサを倒す
グーグルの強みは検索

グーグルは、バーチャルアシスタントでユーザーのスマホやテレビ、自宅を制御しようとしている。 by Tom Simonite2016.10.05

火曜日、検索エンジン大手のグーグルは、新型スマホ「ピクセル(Pixel)」と、いつでも手近に音声操作ヘルパー「グーグル・アシスタント(Google Assistant)」を利用できるホームスピーカー「グーグル・ホーム(Google Home)」を発表した。ポケットの中やサイドテーブルの上からリビングルームの壁掛けテレビまで、グーグルはひねりのない名前のバーチャルアシスタントでユーザーを取り囲もうとしている。

グーグルはテレビ用デバイス「クロムキャスト」等の既存サービスや製品とグーグル・アシスタントをどう統合するかも提示した。グーグルがアップルのSiriやアマゾンのアレクサに追い付こうと必死なのは明らかであり、グーグル・アシスタントの能力を競合製品より高めようとしている。

グーグルの新型スマートフォン「ピクセル」はアシスタント向けに開発されたが、Siriへの対抗もあって、主にアップルのiPhoneの特徴を残している。ピクセルはサンフランシスコのイベントで「グーグル・アシスタントが内蔵された最初のスマホ」として発表された。ユーザーがスマホで何をしていても「オーケー、グーグル」と言うか、ホームボタンを押せば、アシスタントが呼び出され、質問に立て続けに答えたり、交通状況に合わせた経路を答えたりする。

グーグルブランドの従来のスマートフォンと同様、ピクセルの画面サイズは5×5.5インチで、Android OS搭載のデバイスを製造する他の企業と同じ構成を採用すると考えられている。グーグルの望みはアシスタントを普遍的存在にすることだ。

グーグル・ホームは、アマゾンのスピーカー製品「Echo(エコー)」と内蔵型アシスタント「アレクサ」の組み合わせにグーグルが対抗して生まれたスピーカー製品だ。エコー同様、グーグル・ホームには室内でユーザーの音声指示を聞き取るマイクロフォンが付いており、音楽を再生したり、照明を調節したりできる。

グーグルの言い分では、検索エンジンには世界に関する知識がたくさんあるので、アシスタントはアレクサやSiriよりもずっと賢いという。発表イベントではグーグル幹部が「ズートピアからのシャキーラの曲が聞きたい」という指示に対して、アシスタントが正確に楽曲を再生する様子を実証(アレクサには処理できない要求)してみせた。またアシスタントは、グーグル・マップによって、地元商店街の詳細な情報を答えたり、最適な経路を助言したりできる。

グーグルが既存の製品やサービスに投資すれば、そのぶんアシスタントの能力も高まる。アシスタントはグーグルの写真サービスとも統合されており、「去年の12月の私の雪の写真を見せて」といった指示にも対応できる。もしクロムキャスト(3000万台販売)を持っていれば、テレビに接続し、アシスタントに制御を頼める。スマートフォンやホームデバイスに「オーケー、グーグル、テレビで『ストレンジャー・シングス』が見たい」といえば、ネットフリックスのヒットシリーズが再生されるわけだ。

MIT Technology Reviewは、グーグルがアシスタントを主要インターフェイスにする以前から、検索エンジンとバーチャルアシスタントはビジネスモデル的に相性が悪いことに言及している。しかしそれ以上に(アレクサとSiriをかわすには)グーグルの最大の課題はグーグル幹部がステージ上で見せるデモ同様にアシスタントを簡単で魅力的にすることだ。バーチャルアシスタントは、開発元がいうほど頻繁かつ広範囲には使われていない。たとえば、調査によればほとんどのiPhoneでSiriが使われるのは極めてまれだ。

(関連記事:“How Assistant Could End Up Eating Google’s Lunch”)

人気の記事ランキング
  1. What happened when 20 comedians got AI to write their routines AIは「笑い」を取れるか? プロがLLMにネタを書かせた結果
  2. Trajectory of U35 Innovators: Sadayuki Furuhashi 古橋貞之:世界中で使われるソフトウェアを作る日本人プログラマー
  3. Biotech companies are trying to make milk without cows 「牛を使わないミルク」ベンチャーに脚光、鳥インフル感染拡大で
トム サイモナイト [Tom Simonite]米国版 サンフランシスコ支局長
MIT Technology Reviewのサンフランシスコ支局長。アルゴリズムやインターネット、人間とコンピューターのインタラクションまで、ポテトチップスを頬ばりながら楽しんでいます。主に取材するのはシリコンバレー発の新しい考え方で、巨大なテック企業でもスタートアップでも大学の研究でも、どこで生まれたかは関係ありません。イギリスの小さな古い町生まれで、ケンブリッジ大学を卒業後、インペリアルカレッジロンドンを経て、ニュー・サイエンティスト誌でテクノロジーニュースの執筆と編集に5年間関わたった後、アメリカの西海岸にたどり着きました。
日本発「世界を変える」U35イノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。2024年も候補者の募集を開始しました。 世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を随時発信中。

特集ページへ
人気の記事ランキング
  1. What happened when 20 comedians got AI to write their routines AIは「笑い」を取れるか? プロがLLMにネタを書かせた結果
  2. Trajectory of U35 Innovators: Sadayuki Furuhashi 古橋貞之:世界中で使われるソフトウェアを作る日本人プログラマー
  3. Biotech companies are trying to make milk without cows 「牛を使わないミルク」ベンチャーに脚光、鳥インフル感染拡大で
MITTRが選んだ 世界を変える10大技術 2024年版

「ブレークスルー・テクノロジー10」は、人工知能、生物工学、気候変動、コンピューティングなどの分野における重要な技術的進歩を評価するMITテクノロジーレビューの年次企画だ。2024年に注目すべき10のテクノロジーを紹介しよう。

特集ページへ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る