KADOKAWA Technology Review
×
A Cure for a Childhood Cancer—But Will It Last?

子どもの白血病9割治療
遺伝子療法の厳しい現実

白血病の治療に子どもの免疫システムを遺伝子的に変えるCAR-T療法には劇的な効果がある一方で、治療には危険が伴い、持続性もわかっていない。 by Michael Reilly2016.10.06

実験的治療法「CAR-T」(遺伝的に患者の免疫システムを高める)の登場以前、子どもが初めて急性リンパ芽球性白血病になったら、全てのがんと同じで心配だが、一般的には治療できた。もし再発しても、骨髄移植でがんを消滅できた。もしまた再発すると、大抵は命に関わった。ここわずか数年で人体で実験されたCAR-Tは驚くべき効果があり、他の全ての治療法が効かなかったがんをほとんど一夜で不活性化させた。初期治験によると、90%の患者の症状が緩和されたという。

残念ながら、CAR-T療法には主に2つの問題がある。ひとつは危険性だ。CAR-Tを含む臨床試験で死亡例は珍しくない。しかし多くの患者にとって、潜在的メリットを考えれば治療による致死的作用のリスクは受け入れられる。

CAR-T療法の初期試験を受けた

90%
の人の白血病の症状が緩和された。

もうひとつの主な懸念点は、がんの再発だ。ワシントンポスト紙に掲載された、胸が張り裂けるような記事にあるように、CAR-T治験が始まるまでに、子ども(サポートする家族も同様に)はすでに大変な思いをしている。ワシントンポスト紙が掲載した8歳のエバ・クリスチャンソンの場合、免疫細胞を採取して遺伝子の導入後に体に戻すCAR-T療法を繰り返ししてさえも、がんは消滅しなかった。エバは他の最新式治療を受けてうまくいっているようだ。

「これがうまくいき、彼女に効き続けてもらわなければなりません」と、エバの母ベサニー・クリスチャンソンは涙をこらえながらワシントンポスト紙に語った。

これがCAR-Tの問題だ。実際に強力だが、あまりに新しい治療法のため誰もその効果や永続性を知らない。永続しないとしてもどれくらい持つのだろうか。昨年MIT Technology Reviewが取材したミルトン・ライト三世の18カ月は最長期間の一例だ。

「がんの克服」という表現はとても長く使われているが、もはや成語のようで、偉業を説明する比喩的用語や万能薬のような扱いだ。しかし実際にがんを治療する方法の実用化が迫ってくると、現実ずっと危ういことがわかる。

(関連記事:The Washington Post, “10 Breakthrough Technologies 2016: Immune Engineering,” “Biotech’s Coming Cancer Cure”)

人気の記事ランキング
  1. Singapore’s police now have access to contact tracing data シンガポールの接触追跡アプリが方針転換、犯罪捜査でも利用可に
  2. The winners of Innovators under 35 Japan 2020 have been announced MITTRが選ぶ、日本発の35歳未満のイノベーターを発表
  3. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  4. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  5. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
マイケル レイリー [Michael Reilly]米国版 ニュース・解説担当級上級編集者
マイケル・レイリーはニュースと解説担当の上級編集者です。ニュースに何かがあれば、おそらくそのニュースについて何か言いたいことがあります。また、MIT Technology Review(米国版)のメイン・ニュースレターであるザ・ダウンロードを作りました(ぜひ購読してください)。 MIT Technology Reviewに参加する以前は、ニューサイエンティスト誌のボストン支局長でした。科学やテクノロジーのあらゆる話題について書いてきましたので、得意分野を聞かれると困ります(元地質学者なので、火山の話は大好きです)。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Singapore’s police now have access to contact tracing data シンガポールの接触追跡アプリが方針転換、犯罪捜査でも利用可に
  2. The winners of Innovators under 35 Japan 2020 have been announced MITTRが選ぶ、日本発の35歳未満のイノベーターを発表
  3. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  4. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  5. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る