KADOKAWA Technology Review
×
【今週水曜26日開催】1800人が参加した「生成AI」第3弾。イベント申込受付中!
カバーストーリー 無料会員限定
An Ambitious Plan to Build a Self-Driving Borg

モービルアイが自動車メーカーに走行データの提供を要求

モービルアイの望みは、競合関係にある自動車メーカーが実際の道路上の走行データを提供し、自律自動車に安全な運転操作を学習するよう協力することだ。 by Will Knight2016.10.11

もし自動車メーカーが競争心をいったん忘れて、コンピューターが安全運転を学習するためのデータを共有すれば、自動運転自動車は私たちが思うより、ずっと早く普及してもおかしくない。

モービルアイ(路上の物体を検出するコンピューター機器とソフトウェアを自動車メーカーに提供するイスラエル企業)は現在、人工知能による無人運転の訓練方法を開発中だ。だが、コンピューターが自動車の運転方法を自力で学習するには、莫大な量の運転操作を、広大かつ高度に現実的なシミュレーションを実現するためにコンピューターに投入する必要がある。そのためモービルアイは、メーカー横断的に自動車が収集したデータの提供を受けたい。

モービルアイ共同創業者のアムノン・シャシュアCTO(最高技術責任者)は「非常に多くの自動車のデータを活用したければ、できるだけ多くの自動車メーカーに働きかける必要があります」という。シャシュアCTOは、モービルアイが自動車メーカーの協力を得ながら、自動車メーカーのデータを扱う方策を考えついたという。

モービルアイのテクノロジーは、自動車メーカーが現在開発中の多くのシステムの最重要部分だ。したがってモービルアイの計画は、自動運転システムの実用化に強く影響する。自動車メーカーは、実験的システムから、高い信頼性がある実用システムへの移行に苦戦しており、今がこのテクノロジーの決定的な時期といえる。多くの実験的自動運転自動車は、手動でプログラムされたルールに沿って動作しており、運転中に発生しうるあらゆる状況には対処 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
日本発「世界を変える」U35イノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。2024年も候補者の募集を開始しました。 世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を随時発信中。

特集ページへ
MITTRが選んだ 世界を変える10大技術 2024年版

「ブレークスルー・テクノロジー10」は、人工知能、生物工学、気候変動、コンピューティングなどの分野における重要な技術的進歩を評価するMITテクノロジーレビューの年次企画だ。2024年に注目すべき10のテクノロジーを紹介しよう。

特集ページへ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る