KADOKAWA Technology Review
×
年間購読料20%オフ & マガジン1冊プレゼントキャンペーン 実施中!
Building a Library for VR, One Image at a Time

不動産サイトでの導入が米国で始まり、バーチャル・リアリティはゲーム以外でも使えることを証明

写真なみに美しいスキャン画像のライブラリーのおかげで、実質現実空間でもインターネットが使えるようになった。 by Signe Brewster2016.10.12

米国の不動産サイトで一戸建てやアパートを探すと、写真の右下に、メガネの形をした新しいアイコンがあることに気がつくかもしれない。アイコンをクリックすると、360度の実質現実モードが起動し、グーグルのカードボード(段ボール製のVRゴーグル)やサムスンGear VRを装着し、「実際に」物件を内覧できる。

VR映像を実現しているのは、マターポート(本社サンフランシスコ)が実質現実(VR)用に変換した25万枚以上の3Dスキャン画像を収蔵するライブラリーだ。現段階で、デスクトップ・コンピューターの性能に見合うほど精緻なVRコンテンツが豊富に揃っているわけではないが、マターポートが提供する写真のようにリアルなスキャン画像のライブラリーは、従来のインターネットブラウジング体験をVRで向上させるのに役立つだろう。

マターポートの最初の提携先は、不動産などの高額物件業界に集中しており、realtor.comapartments.comサザビーズ等のWebサイトが、VRヘッドセットアイコンを一部の写真に設置している。ライブラリーは住宅の3Dスキャンだけに留まらない。マターポートの3Dスキャンカメラがあれば誰でも(価格は4500ドルなので、企業や撮影スタジオが購入するような高性能のカメラだが)、スキャンした画像を1枚19ドルでライブラリーにアップロードできる。アップロードされた画像は、ブラウザベースの3Dモデルから、マターポートが得意とするVRで再生可能なコンテンツに変換される。

  • House hunters with simple VR headsets can view some homes in 3-D using the icon in the corner.家を探したい人はシンプルなVRゴーグルで、写真の隅のアイコンから3D形式で家を表示できる
  • Matterport’s room scanner costs $4,500 and images can be uploaded to its VR library for $19 each.
    マターポートの3Dスキャンカメラの販売価格は4500ドルで、画像は1枚19ドルでVRライブラリーにアップロードできる

マターポートは作品を全てを開発者向けに公開している。開発者は3D空間を選んでその上にソーシャルやゲーミング機能を構築できる。また、現行の不動産業界の提携先が使っているアプリケーションを拡張し、VRで見て回れる3Dスキャンされた室内に、バーチャルな家具や絵画を設置できる。

VRは視覚中心のメディアだ。現在のところ視覚部分のほとんどは作り込みが必要だが、VRの歴史はあまりにも短いため、近年のインターネットを面白くさせているような出来合いの素材があまり存在しない。

マターポートの共同創業者マット・ベル最高戦略責任者(CSO)は「VR用のコンテンツを最初から作るのはとても難しいのです。もし誰かのアパートの室内を、3Dデザイン用のソフトウェア上で沢山の写真と寸法だけで3Dモデルを構築しようとすれば、何週間もかかる作業になります」という。

拡張型オンラインソーシャルの『セカンド・ライフ』の開発元リンデン・ラボは、VR向けの新しいソーシャル・アプリケーションを開発中だ。ソーシャル・アプリケーションの新作『サンサー』は『セカンド・ライフ』と同様、ユーザーは場所や物を自分の空間に取り込みカスタマイズできる。ゲーム内で他の人と交流ができ、またオブジェクトをプログラムすればほとんど何でもできるようになる。

リンデン・ラボのエブ・アルトバーグCEOによれば、既存コンテンツをVRに取り込む課題に、同社も取り組んでいる。現実のエジブトの墳墓を3Dスキャンを取り込んだデータは、サンサー上に実際に公開されている。おかげで、バーチャルなソーシャル・コミュニケーションを墳墓内でできるようになった。

「このような方法の他に、どうやってエジプトの墳墓を訪ね、その中で人と会話ができると思いますか?」と、アルトバーグCEOはいう。

サンサーはVR内に3Dスキャンを取り込むことで旅行をシミュレーションできることを示す良い例だ。この方法なら、高額で行けない場所やとても危険な場所をユーザーが訪れられる。アルトバーグCEOはさらに教育、広告、技術訓練の分野でも活用できると考えている。

VRが普及するにつれ、使用あるいは編集できるコンテンツは増えていくだろう。現時点では、私たちのインターネット上での日々の行動に、生まれたばかりのVR業界がどのように組み込まれていくかを、マターポートのライブラリーが示している。

人気の記事ランキング
  1. This is the most precise 3D map of the Milky Way ever made 史上最も詳細な天の川銀河の3Dマップ、ESAが公開
  2. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  3. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  4. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
シグニー ブリュースター [Signe Brewster]米国版
シグニー・ブリュースターは科学とテクノロジーのライター。特に注目しているのは、たとえば実質現実やドローン、3Dプリントなど、芽生えたばかりのテクノロジーが今後どうなるか、です。記事は、TechCrunch、Wired、Fortuneでも執筆しています。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. This is the most precise 3D map of the Milky Way ever made 史上最も詳細な天の川銀河の3Dマップ、ESAが公開
  2. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  3. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  4. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る