1. オバマケアの廃止・縮小の
    対抗策として注目の
    避妊薬処方サービス
    避妊の処方箋と配達サービスを提供しているナルクスは、医療を使いにくい女性の味方だ。 Julia Sklar7年前

  2. IBMとNY大、ユーザー情報を集めない情報推薦システムを実験
    クライアント側で動作するアプリによる情報推薦は、Googleニュースに劣る研究結果がある。プライバシーは守れても精度が低いテクノロジーに価値はあるのだろうか? Rachel Metz8年前

  3. グーグル・ファイバーからスマート・ウォッチ「ペブル」まで、一時話題のアイデアが、2016年、姿を消した。 Mike Orcutt8年前

  4. 偽造iPhoneアプリの公開を許したアップルの品質低下
    かつて厳格な審査で評価されたアップストアが、今では違法アプリの温床になった。 Jamie Condliffe8年前

  5. 写真で植物の病気を診断するアプリ、2017年に登場
    病気の植物の写真で訓練されたニューラルネットワークが、今や誰にでも利用可能なものになった。 Signe Brewster8年前

  6. 不動産サイトでの導入が米国で始まり、バーチャル・リアリティはゲーム以外でも使えることを証明
    写真なみに美しいスキャン画像のライブラリーのおかげで、実質現実空間でもインターネットが使えるようになった。 Signe Brewster8年前

  7. カロリー計算アプリ
    写真撮影だけで品目検出
    ルーズイットは、アプリで食べ物を撮影すればカロリー数を推定できるというが、記者の場合はうまくいかなかった。 Signe Brewster8年前

  8. 出会い系アプリの解析で
    男女の恋愛戦略が明らかに
    米国で流行中の出会い系アプリ「ティンダー」の研究で、男女の出会い戦略がまったく異なることがわかった。 Emerging Technology from the arXiv8年前

  9. 絵文字を人工知能で推薦
    人気サービスを支えるDango
    今の気持ちを完璧に表す絵文字をAndroidでは人工知能が予測してくれる。 Rachel Metz8年前