KADOKAWA Technology Review
×
脳に注入する網状ワイヤーでパーキンソン病を治療
生命の再定義 無料会員限定
Injectable Wires for Fixing the Brain

脳に注入する網状ワイヤーでパーキンソン病を治療

個々の脳細胞を刺激できる柔軟な網によって神経疾患の新しい治療法が実現するかもしれない。 by Julia Sklar2016.10.14

ハーバード大学の地下にある研究所に水の入ったコップがある。コップの底では、まるで極小のリボンがダンスをしているように、帯状の薄い金網が数本波立っている。ペンのキャップほどの長さがある網を使うと、かつてないことができる。生きているネズミの脳に注入すると、網は1年間以上、安全に個々のニューロンを刺激し、その細胞の挙動を測定するのだ。

電子的な脳インターフェイスはパーキンソン病のような神経疾患の患者に、いつの日か役立つだろう。パーキンソン病で脳のある領域の神経細胞群が次々と死に始めると、自分の意思とは無関係に体が震える症状が引き起こされる。この領域に狙いを定めて電気的な刺激を送れば、生存している細胞の状態を元に戻してパーキンソン病の症状を止められるかもしれない。

現在利用できる「深部脳刺激療法」と呼ばれる電気療法には大きな欠点がある。治療のために、脳の深いところに硬い電極を埋め込むため、脳のような柔らかい器官にとって理想的な治療からは程遠いのだ。治療からおよそ4週間後には瘢痕(はんこん=傷が治った状態)組織が形成され始める。この組織に …

個々の脳細胞を刺激できる柔軟な網によって神経疾患の新しい治療法が実現するかもしれない。
こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.6
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.6世界を変えるイノベーター50人

mRNAがん治療の事業化を目指す起業家、日本発の量子コンピューター技術を提唱する研究者、グーグルが採用した人工音声を開発した技術者、中国の次世代人工太陽の理論モデルを確立した科学者——。
MITテクノロジーレビューが選んだ、世界のイノベーター35人と日本発のイノベーター15人を一挙紹介。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る