KADOKAWA Technology Review
×
【3/14】MITTR主催「アクセシビリティとテクノロジー 」開催 申込受付中

MIT Technology Review 10 Breakthrough Technologies2024 MITテクノロジーレビューが選んだ、
世界を変える10大技術

MITテクノロジーレビューは毎年、世界に真のインパクトを与える有望なテクノロジーを探している。本誌がいま最も重要だと考える進歩を紹介しよう。

SCROLL TO EXPLORE
あらゆるもののためのAI

私たちは今、AIの時代に生きている。何億人もの人々が、プロンプトからテキスト、画像、動画などを生成するチャットGPTのような生成ツールと直接やりとりしている。その人気はテック業界を再形成し、オープンAIを有名にし、グーグル、メタ、マイクロソフトがこのテクノロジーに多額の投資をせざるを得なくなった。

重要な理由
超高効率の太陽電池

太陽光発電は世界中で急速に導入が進んでおり、二酸化炭素排出量を削減するための世界的な取り組みのカギを握っている。だが、現在の太陽光発電はパネルに当たった太陽光のほとんどを電気に変換できていない。小さな結晶構造を持つ材料の層を追加することで、太陽光パネルの効率を向上できる可能性がある。

重要な理由
Apple Vision Pro

アップルは2024年、同社初の複合現実(MR)ヘッドセット「Vision Pro(ビジョン・プロ)」の出荷を開始する予定だ。目玉機能は、史上最高解像度のディスプレイだ。では目玉アプリは出てくるのだろうか? 答えを出すにはまだ時期尚早だが、時価総額世界一の企業は大胆な賭けに出た。

重要な理由
痩せ薬

世界的な肥満の増加はまるで伝染病のようだ。「ウゴービ(Wegovy)」や「マンジャロ(Mounjaro)」などの抗肥満は、いまや患者や医師が肥満症を治療するための最も強力な手段の一つとなり、心臓発作や脳卒中を予防する効果さえも示されている。

重要な理由
地熱増産システム

地熱エネルギーはクリーンで、いつでも利用でき、事実上無限の可能性を秘めている。だが、工学的な課題が理由で、地熱エネルギーの実力はまだほとんど発揮されていない。新しい掘削技術によって、以前は掘ることができなかった場所をより深く掘れるようになり、クリーン・エネルギーを生産するために地球の熱をさらに解き放てるようになった。

重要な理由
チップレット

ムーアの法則を定義し、数十年にわたってコンピューティングの進歩を牽引してきたトランジスターの小型化は、もはや恐ろしく困難になってきている。コンピューターをより速く、より効率的にする新しい方法を見つけなければならない。チップレットとは、特定の機能を持つ小型チップのことで、これを連結させることで従来のチップの処理すべて、またはそれ以上のことができるようになる。

重要な理由
初の遺伝子編集治療

遺伝子編集ツールのCRISPR(クリスパー)を利用した新たな治療法は何年も前から研究されてきた。2023年12月には、生命を脅かす鎌状赤血球症を治療できるとして、英米両国で初めてバーテックス(Vertex)の治療薬が承認された。他社もあとに続くはずだ。

重要な理由
エクサスケール・コンピューター

世界最速のスーパーコンピューターは現在、エクサフロップ(1の後にゼロが18個続く)の計算を実行ができる。こうした超高速の計算ができる新しい機械によって、科学者は気候、核分裂、乱流などのより高度なシミュレーションを実行できるようになる。

重要な理由
ヒートポンプ式エアコン

「ヒートポンプ」という名前に惑わされないでほしい。ヒートポンプは、建物の冷房と暖房の両方を可能にする電気機器で、普及が進めば温室効果ガスの排出量を大幅に削減できる。世界中で販売が伸びており、米国では初めてガス暖房の販売を上回った。より高温で稼働する新しいタイプは、産業界の脱炭素化にも貢献するだろう。

重要な理由
Twitterキラー

イーロン・マスクは2022年に現在は「X」となったツイッターを買収したが、事実上は何も変わっていない。多くのスタッフを解雇し、コンテンツ・モデレーションを廃止した。現在では、ブルースカイ(Bluesky)やスレッズ(Threads)などの代替サイトが台頭し、少しずつユーザーが移りつつある。

重要な理由
ABOUT THE LIST
10 Breakthrough Technologies

MITテクノロジーレビューの記者と編集者は毎年、技術動向を調査し、今後数年間で私たちの生活を大きく変える可能性があるであろうテクノロジーを10個選んでいます。人工知能や生物工学から、コンピューティング、ロボット工学、気候テックに至るまで、幅広い分野の進歩を対象としており、今年で23年目となります。選から漏れた他の候補についてはこちら

2023年版2022年版2021年版
CREDITS
Editorial
  • Special projects editor:Amy Nordrum
  • Editing:Rachel Courtland, Niall Firth, Mary Beth Griggs, Mat Honan, Amy Nordrum
  • Copy editing:Linda Lowenthal
  • Engagement:Juliet Beauchamp, Abby Ivory-Ganja
  • Fact checking:Helen Li
Art
  • Art direction:Stephanie Arnett
  • Illustration:Simoul Alva, Jennifer Dionisio, Simon Landrein
Technology
  • Lead developer:Andre Vitorio
  • Design:Vichhika Tep, Mariya Sitnova
  • Product:Mariya Sitnova, Allison Chase
  • CTO:Drake Martinet
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る