KADOKAWA Technology Review
×
手元のスマホで「うつ病」診断、表情・言葉遣いから兆候検出
知性を宿す機械 Insider Online限定
Your smartphone’s AI algorithms could tell if you are depressed

手元のスマホで「うつ病」診断、表情・言葉遣いから兆候検出

スタンフォード大学のフェイ・フェイ・リー教授らのチームは、スマートフォン・ユーザーの顔や声を認識する機械学習アルゴリズムを用いることで、うつ病の兆候を検出できるソフトウェアを開発した。どこにいても、コストをかけずに精神疾患の診断ができるようになるかもしれない。 by Will Knight2019.01.10

うつ病は何百万もの人々が抱える大きな問題であり、メンタルヘルスに関するサポートの欠如やネガティブなイメージのせいで深刻化が進んでいる。初期段階で診断を受けられればいいのが、大抵の精神疾患は発見が難しい。スマートフォンで顔を確認したり、声に応対したりできる機械学習のアルゴリズムを使えば、どこにいてもコストをかけずに初期段階の兆候を発見したり、必要な治療を受けたりできるようになるかもしれない。

スタンフォード大学のあるチームが実施した研究により、顔認識や音声認識をするソフトウェアを使い、うつ病の兆候をそこそこの精度で特定できることが明らかになった。

研究チームは、うつ病患者と非うつ病患者のビデオ映像を機械学習モデルに与えて、顔の表情、声のトーン、言葉遣いを組み合わせたシグナルから学ぶようにモデルを訓練した。これらの映像は、医師によってコントロールされたアバターが実施した、患者とのインタビューから集められたものだ。

試験では、うつ病にかかっている患者を80%以上の確率で検出できた。研究を主導したのは、著名な人工知能(AI)専門家で、最近、グーグルからスタンフォード大学に復職したフェイ・フェイ・リー教授だ。

リー教授らの新たな取り組みはまだ初期段階にあるものの、研究者たちはいつの日か診断や治療を、 …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る