ロボット工学

The Creator of Google’s Self-Driving Car Now Competes with It 自動運転の第一人者がテクノロジーをオープンソース化する理由

ロボット工学の先駆者であるセバスチアン・スラン教授がオープンソースの自動運転車を開発した。 by Tom Simonite2016.10.27

スタンフォード大学のセバスチアン・スラン教授(ロボット工学)の3度目の自動運転車プロジェクトが前回までの2度のプロジェクトのように影響力を持てば、誰も予想しなかったほど近い将来、人類は免許証を破り捨てることになる。

スラン教授はペンタゴンが2005年に開催した自動運転車のコンテストで優勝した。これがきっかけで自動運転テクノロジーの商業化を目指した競争が始まった。スラン教授はその後、グーグルの自動車プロジェクトを立ち上げて責任者を務めた。グーグルの自律自動車の累計走行距離はどの競合他社よりも長い。

スラン教授が現在取り組んでいる自動運転車プロジェクトは思いもよらない方向からやってきた。スラン教授が立ち上げたオンライン教育スタートアップ企業ユダシティだ。また、今回の自動運転車プロジェクトにはスラン教授の過去の取り組みがいくつか利用されており、ユダシティのロゴ、カメラ、回転するレーザーが装備したリンカーンのスポーツ車は、すでにサンフランシスコのベイエリアを走り回っている。しかも、自動車を操縦しているソフトウェアはオープンソースとして無料配布される予定だ。さらに走行中に収集したデータは誰でも利用できるように公開される

スマホ市場との類似性になぞらえて、スラン教授は自社の独自戦術が自動運転車の発展を加速させるという。自動運転テクノロジーに取り組むグーグルや他の企業は、通常、プログラムコードやデータを公開しない。

「グーグルはiPhone(のような自動運転車)を作り出し、当社はアンドロイドを作っているわけです。ソフトウェアを誰もが利用で …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。