1. ビジネス・インパクト
    中国は次世代モバイル通信「5G」の展開に本気だ。中国通信機器メーカー大手ファーウェイ幹部の拘束も、背景には5Gを巡る米中の覇権争いがあると見られている。中国の5G展開は何を意味するのか? 5つの視点で読み解く。 Elizabeth Woyke9カ月前
  2. コネクティビティ
    電気自動車(EV)の充電時にケーブルを接続する必要がないワイヤレス給電システムが注目されている。世界中の大手自動車メーカーとの提携を進めるワイトリシティは、駐車中のクルマに充電するだけでなく、走行中のクルマに充電したり、都市の移動型電力バンクとして電気自動車を活用したりすることを目指している。 Elizabeth Woyke11カ月前
  3. コネクティビティ
    移動体通信を用いて自動車同士や歩行者、道路設備との間で情報を高速にやり取りできるコネクテッドカー技術「C-V2X」を支持する自動車メーカーが増えている。しかし、Wi-Fiベースの「狭域通信(DSRC)」を開発し、既に一部の自動車に搭載しているトヨタは、C-V2Xに反対する姿勢を見せている。 Elizabeth Woyke13カ月前
  4. 知性を宿す機械
    自動運転車は単なる「ハンドルのないクルマ」ではない。自動車の個人所有という概念を変え、自動車を中心に構築された都市の光景を激変させる可能性がある。アルファベット傘下のウェイモはすでに「移動手段のサービス化」に乗り出した。 Ed Finn14カ月前
  5. 知性を宿す機械
    「リスク評価のプロ」である保険会社と自動運転のさまざまなデータを共有することで、自律自動車の導入が早まるかもしれない。 Jamie Condliffe16カ月前
  6. 知性を宿す機械
    ウーバーの死亡事故、
    自動運転の早すぎる拡大に
    「減速」求める声
    自動運転の実用化へ向けて、各社は公道での実証実験を競っている。だがウーバーの自動運転車による初の死亡事故によって、業界がテクノロジーの普及を急ぎすぎているのではないかと問う声も上がっている。 Will Knight2年前
  7. 知性を宿す機械
    平昌五輪で韓国が猛アピールした5G通信を現地からレポート
    25日に閉会した平昌オリンピックでは、韓国が世界初の大規模5Gネットワーク網を構築し、会場近辺で情報通信技術のさまざまなデモを展示した。その模様を現地からレポートする。 Yoochul Kim2年前
  8. 知性を宿す機械
    バイドゥが目指す検索の次のビジネスは自律自動車向け地図
    自律自動車が安全に運転するために必要な高精度地図の提供は長期的には、検索エンジン事業よりも「ずっと大きなビジネス」になるとバイドゥのチ・リュー最高執行責任者(COO)が語った。同社がオープンソースで提供している自律運転ソフト「Apollo」はそのためのデータを収集するのに役立つだろうとしている。 Rachel Metz2年前
  9. 知性を宿す機械
    今年のコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)では、自律自動車に関するさまざまな発表や展示があった。自律自動車の乗り心地はどうか? 4台の自律自動車に実際に乗車して公道を走行した感想を報告する。 Rachel Metz2年前
  10. 知性を宿す機械
    自動運転自動車の市場では新参企業であるバイドゥが、自動運転ソフトを無償公開したり、多数の企業と提携したりすることで、先行企業に迫る勢いで技術開発を進めている。年末までにはロザンゼルスで障がい者向けの自律自動車の走行試験も実施する予定だ。 Rachel Metz2年前
  11. 知性を宿す機械
    ピザを届けに無人宅配車が来たら、どう応対するか?
    フォードのファーリー副社長は、コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)の講演で自動運転自動車によるピザ宅配の実験について語った。同社は自動運転自動車の主な用途として商品配達を挙げており、こうした実験は商品を受け取る際の人々の振る舞いを調べるために重要だとしている。 Rachel Metz2年前
  12. 知性を宿す機械
    無人運転でベガスをドライブ、870km先でハンコン握る運転手
    自律走行車がどうしようもない状況に陥った際に備えて、遠隔地にいる人間がその車の運転を引き継ぐ技術を開発している企業がある。先日、シリコンバレーからゲームコントローラーで遠隔操作で運転する車に乗って、混雑する夜のラスベガスをドライブする機会があった。 Rachel Metz2年前
  13. ビジネス・インパクト
    シリコンバレー界隈のテック企業にとって2017年は、人工知能(AI)などの分野でテクノロジーが目覚ましい進歩を遂げた一方で、ソーシャルメディアへのでっちあげ記事や有害コンテンツの投稿、性差別などの問題が公けになり、世間の非難を浴びた年でもあった。 Martin Giles2年前
  14. 知性を宿す機械
    自律自動車が普及し、タクシーやトラックとして使用されるようになると、大量の失業者を生む可能性がある。自律自動車に対する憎悪から、自動運転のアルゴリズムをハッキングして、故意に事故を引き起こす犯罪者が現れるかもしれない。 Simson Garfinkel2年前
  15. コネクティビティ
    MITが予想
    2021年の暮らしは
    テクノロジーでこう変わる
    避妊処置を受けた男性が培養鶏肉のチキンナゲットを食べながら、自律自動車に乗っている——。2021年にはそんな暮らしが待っているかもしれない。MITテクノロジーレビュー編集部は、調査会社の予測やテック企業の発表をもとに、2021年に実現されそうな技術革新を検討してみた。 Rachel Metz2年前
  16. ビジネス・インパクト
    バイドゥのチャン・ヤーチン社長は、人工知能などのテクノロジーへの投資が、バイドゥを世界的なリーダーに変えるのに役立つと確信している。モバイル中心で競争が激しい中国市場で戦う企業は、米国企業よりも有利な立場にあるという。 Tom Simonite2年前
  17. ビジネス・インパクト
    完全無人倉庫の時代がもうすぐやってくる
    十分に管理され、交通規則もない倉庫こそ、自律自動運転車の実験場所にぴったりだ。近い将来、人手不足にあえぐ物流業界の救世主となるはずだ。 Jamie Condliffe2年前
  18. ビジネス・インパクト
    日本では配達員の不足が社会問題化しているが、ロンドンでは小型の自動運転車による食料品の配送が実験中だ。Jamie Condliffe2年前
  19. 知性を宿す機械
    工業デザイナーがデザインした、見た目がソフトな警備ロボット
    警備ロボットのゴツいイメージとは真逆の、布で覆われたソフトな見た目が特徴だ。メーカーは、最終的にビル管理業務全般をこなせるように改善する意向だが、人間の雇用を奪うつもりはなさそうだ。 Rachel Metz3年前
  20. 知性を宿す機械
    2017年、世界を変えるテクノロジー10:自動運転トラック
    米国の幹線道路では、じきに運転席に人がないトラックを目にするようになるだろう。巨大なトラックは制御が難しく、現時点では、自律運転の実用化で170万人のトラック・ドライバーの職が奪われるとはいえない。 David H. Freedman3年前
  21. 知性を宿す機械
    クボタ、自動運転農機を初公開
    農業の担い手が減り、耕作面積が増えれば、自動化でギャップを埋めるしかなくなる。 MIT Technology Review Japan3年前
  22. 知性を宿す機械
    アマゾンも自動運転に参入 特許公開でグーグル、ウーバーと対決
    大手テック企業のグーグルとアマゾンが、配車の自動化、自律タクシーと自律トラックで、輸送業界に進出したいのはもう明白だ。 Jamie Condliffe3年前
  23. 知性を宿す機械
    自動運転ワゴン車の誕生から30年、自動運転車はまだ実験中
    初期のライダー、黒地に緑色の文字の画面。カーネギーメロン大学(CMU)が開発した初期の自動運転車ナブラボ 1には、文字通り大量のコンピューティング装置が接続されていた。 Michael Reilly3年前
  24. 知性を宿す機械
    自動運転の第一人者がテクノロジーをオープンソース化する理由
    ロボット工学の先駆者であるセバスチアン・スラン教授がオープンソースの自動運転車を開発した。 Tom Simonite3年前
  25. 知性を宿す機械
    DARPAが想定する未来の海上戦で、ロボット船はどう戦うのか?
    「自律型移動手段」といっても自動車ではない。軍が使いたがっているのは、自律航行するロボット船だ。 Jamie Condliffe3年前
  26. ビジネス・インパクト
    後発の自動運転車メーカーは、ライバルとどう差別化するのか?
    ネクストEV米国支社のパドマスリー・ウォリアCEOは、競合相手のひしめく分野でチャンスを狙う。 Nanette Byrnes3年前
  27. ビジネス・インパクト
    視覚障害者は、自律自動車を待ち望んでいる
    視覚障害者の権利を主張する人々が、企業や議員と、自分で運転できる自動車の開発について話し合っている。 Elizabeth Woyke3年前
  28. 知性を宿す機械
    グーグルの自動運転責任者は
    なぜ辞めたのか?
    アルファベットの自動運転車の事業化が停滞しているように見える一方、競合他社のプロジェクトが追いついてきている。 Tom Simonite3年前
  29. 知性を宿す機械
    トヨタ、自動運転研究で
    MITなどに5000万ドル投資
    トヨタ自動車が自動運転自動車研究を率いる最適な人物としてギル・プラットを一本釣り。 Rachel Metz4年前