KADOKAWA Technology Review
×
ひと月あたり1000円で購読できる春のキャンペーン実施中!
スペースX、前澤社長が乗る(予定の)新型ロケット・エンジンを披露
Twitter | Elon Musk
ニュース 無料会員限定
SpaceX just test-fired the huge engine for its newest rocket

スペースX、前澤社長が乗る(予定の)新型ロケット・エンジンを披露

スペースXのイーロン・マスクCEOが、「根本から再設計された」ラプターロケットエンジンの初実験の様子を収めた一連の動画を公開した。ラプターエンジンは、同社のスターシップ・ロケットに搭載され、月や火星へのミッションに使用される予定だ。 by Erin Winick2019.02.06

轟音と閃光を放ちながら、スペースX(SpaceX)の新型「ラプター(Raptor)エンジン」の初実験が先週末に実施された。イーロン・マスクCEO(最高経営責任者)は、ロケットエンジンの炎が鼓膜の破けそうな音を轟かせている様子を収めた一連の動画をツイートした。

https://twitter.com/elonmusk/status/1092272377889738753

新型エンジンは、スペースXのスターシップ(Starship)ロケット(以前はビッグ・ファルコン・ロケット(BFR)、あるいはインタープラネタリー・トランスポート・システムと呼ばれていた)に搭載される予定。開発段階のラプターエンジンの実験が初めて実施されたのは2016年にさかのぼる。だが、テキ …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
【春割】実施中! ひと月あたり1,000円で読み放題
10 Breakthrough Technologies 2024

MITテクノロジーレビューは毎年、世界に真のインパクトを与える有望なテクノロジーを探している。本誌がいま最も重要だと考える進歩を紹介しよう。

記事一覧を見る
気候テック企業15 2023

MITテクノロジーレビューの「気候テック企業15」は、温室効果ガスの排出量を大幅に削減する、あるいは地球温暖化の脅威に対処できる可能性が高い有望な「気候テック企業」の年次リストである。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る