KADOKAWA Technology Review
×
ついに発表された環境政策
グリーン・ニューディールは
ただの「夢物語」なのか?
Alex Wong/Getty Images
持続可能エネルギー Insider Online限定
The Green New Deal has been released. Here are four key tech takeaways

ついに発表された環境政策
グリーン・ニューディールは
ただの「夢物語」なのか?

再生可能エネルギーと地球温暖化対策に公共投資する「グリーン・ニューディール」政策の具体的な提案が発表された。エネルギー業界と環境団体が互いに反目し合ってきた問題に対処しようとするこの提案の4つの重要なポイントを説明する。 by James Temple2019.02.15

再生可能エネルギーや地球温暖化対策に公共投資する「グリーン・ニューディール(Green New Deal)」政策の展望は、米国の政治をあっと驚かせるものであった。しかし、その大部分は、確約された政策のリストというよりも、緩やかな一連の目標に留まっていた。

2月7日の朝、民主党のアレキサンドリア・オカシオ・コルテス議員(ニューヨーク州選出、上の写真中央)とエド・マーキー上院議員(マサチューセッツ州選出)は、ついに「グリーン・ニューディール」環境関連法案のより具体的な提案の少なくともいくつかを明らかにする枠組みを発表した。

その大部分は予想されていた通り、農業、建設、エネルギー、運輸からの温室効果ガスの排出を削減するという起草者の野望が表現されたものだった。送電網を近代化し、気候災害に耐えられるように都市を強化することも求めている。

さらに興味深いのは、この新たな枠組みがようやく、これらの目標を達成するために採用可能なテクノロジーの組み合わせに関する新しい詳細な情報を提供していることだ。エネルギー業界と環境団体がすでに活発に議論し、反目し合ってきた問題に対処しようとしている(「非現実的な「グリーン・ニューディール」には科学的な視点が必要だ」を参照)。

今回提案された枠組みの重要なポイントは次の4つだ。

1. クリーンだが、再生可能ではない

一部の人々は、この提案で、多くの環境団体が主張していたように、風力と太陽光を主とした再生可能エネルギーのみに発電が限定されるのではないかと懸念していた。

しかし提案は、電力分野をどのように浄化していくのかについて、比較的技術にとらわれないアプローチを採用している。「クリーンエネルギー源、再生可能エネルギー源、温室効果ガスを排出しないエネルギー源で、米国の電力需要の100%」を満たす必要があると述べている。

原子力発電や、炭素回収システムと化石燃料発電の併用のような無炭素エネルギー源は容認されるようだ。ほとんどのエネルギー研究者は、そのような安定した無炭素エネルギー源 …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35 」の日本版が候補者を募集している。特定の分野や業界だけでなく、世界全体の重要な課題を解決するイノベーターを発信していく。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 2021
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 202110 Breakthrough Technologies

新型コロナウイルス・ワクチンの開発で脚光を浴びた「メッセンジャーRNA」技術から、人間並みの文章を自在に生成できる人工知能(AI)技術「GPT-3」、電気自動車(EV)普及の鍵を握る「次世代バッテリー」まで。MITテクノロジーレビューが選んだ「世界を変える10大テクノロジー」。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る