KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
Sick Dogs Could Be Key to Unlocking Mysteries of Immunotherapy

なぜヒトのがんの研究に、マウスよりイヌが適しているのか?

ヒトとイヌの発がん遺伝子変異は、共通の部分がある。そこで米国政府は、イヌのガン研究に資金を提供している。 by Emily Mullin2016.11.07

患者自身の免疫系を利用するがん治療の新薬は、一部の患者には効果を発揮する。しかし研究者は、なぜ免疫治療の効果がある患者とない患者がいるのか、完全には明らかにできていない。

免疫治療薬の効果を研究するには、ヒト免疫システムに似た動物モデルが必要だ、と米国国立衛生研究所(NIH)の研究者はいう。今週NIHの研究部門である米国国立がん研究所(NCI)の諮問委員会は、2017年開始の新プログラムで、がんを発現しているイヌで実験的な免疫治療を研究すると発表した。国立がん研究所は、2003年からイヌのがんを治療する別の治験を実施中だが、今回のプログラムは研究所が後押しする最初の大規模なイヌの免疫治療研究になる。

米国国立がん研究所の橋渡し研究プログラムのトビー・ヘクト副ディレクターは、5年で計1500万ドルの研究補助金を5つのがんセンターの研究資金(治験は獣医大学と提携して実施)として利用できるという。精密な動物モデルによる研究で、免疫治療のヒトへ …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント