ビジネス

Election Day’s Tech-Related Triumphs—and Failures 大統領選と同時の住民投票で、テクノロジーは勝利したか?

大統領選の結果をどう解釈するかにかかわらず、住民投票の結果からは地方レベルのイノベーションのニュースが見えてきた。 by Jamie Condliffe2016.11.10

有権者がドナルド・トランプをアメリカの次期大統領に選んだ投票所では、エネルギーや気候、生物医学に関する州レベルの政策を決める住民投票も実施された。策定が間近に迫った全国のテクノロジー政策にシリコンバレーは関心を持つかもしれないが、地方レベルでの結果を集めると、少なくともいくつかよいニュースがある。

フロリダ州では、有権者が屋上太陽光発電の拡大を制限する修正条項を否決した。提案された州憲法の修正は、太陽光施設について、送電網維持費の一律課金の撤廃を目指していたが、自宅に太陽光発電がある人の支出が増え、送電網に送り返した電気の売上を失いかねなかった。この投票結果は太陽光発電がフロリダ州で普及し続ける後押しになる。

一方ネバダ州では、有権者は州の電力市場の規制緩和を選択した。現在、家庭用と事業用の電力はどちらもNVエナジーという電力会社1社から供給されている。規制緩和への投票結果は最終的に電力の独占体制を解体するかもしれないが、この政策を成立させるには2018年に再投票が必要だ。

住民投票にかけられた問題のいくつかは、その影響がまだ明らかになっていない。たとえばフロリダ州モンロー郡の有権者は、ジカ熱と戦うための遺伝子組み換え蚊の放出を承認するかの判断を …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。