1. 知性を宿す機械
    インターネットのあの美しき理想はどこへ消えたのか?
    21世紀初頭にインターネットに関する議論の2大勢力の1つであった楽観主義は、最近ではすっかり影を潜めてしまった。インターネットはどこで道を誤ったのか、今後どう克服すべきか。「意気消沈した元インターネット楽観主義者」の4つの派閥の主張を紹介しよう。 Tim Hwang2年前
  2. コネクティビティ
    オンライン投票を導入すべきとの声は日本でも多い。だが、すでに電子投票(投票所に設置した端末を使った投票)を導入している米国では、外国からのサイバー攻撃による選挙結果の操作が現実味を増している。専門家は、むしろ「紙の投票用紙」にも記録を残すべきだという。 Martin Giles2年前
  3. コネクティビティ
    オバマ大統領、任期いっぱいでのロシアによる選挙干渉への調査を指示
    報告書は、今年の大統領選のまわりで起きた無数のセキュリティー侵害の後ろにいたのが誰だったのか、調査する。 Jamie Condliffe4年前
  4. コネクティビティ
    クリントン不支持の世論形成は、ロシアによる選挙干渉
    米国国家情報局の局長は、ハッキングされたメールがウィキリークスに公開されたことは、米国の選挙に干渉する「他国による意図的な試み」と明言した。 Jamie Condliffe4年前
  5. コネクティビティ
    フェイスブック、保守派への配慮でねつ造ニュースの選別を自粛?
    フェイスブックやグーグルは批判を受けて、ねつ造ニュースの広告がフィードに表示されないよう改善に乗り出したが、誤情報が広がり続ける可能性はまだある。 Jamie Condliffe4年前
  6. コネクティビティ
    フェイスブックで流通した虚偽ニュースはトランプ当選に貢献したか?
    フェイスブックにメディア企業になるつもりがなくても、でたらめなニュースを放置してよいことにはならない。 Jamie Condliffe4年前
  7. 持続可能エネルギー
    トランプ政権で雲行きが怪しい、温暖化対策、再生可能エネルギー政策
    米国によるパリ協定脱退、化石燃料の使用増はあり得る。 Jamie Condliffe4年前
  8. ビジネス・インパクト
    Calexit:トランプ当選とシリコンバレーの動揺
    カリフォルニア州を米国から独立させる主張は、メキシコとの国境に壁を作ると述べたドナルド・トランプの計画と同じくらい現実味がない。 Jamie Condliffe4年前
  9. ビジネス・インパクト
    トランプ次期大統領へ、テクノロジーに関する6つの質問
    テクノロジー政策に関して、次の指導者の詳細な姿勢はまだよくわからない。 Mike Orcutt4年前
  10. ビジネス・インパクト
    大統領選と同時の住民投票で、テクノロジーは勝利したか?
    大統領選の結果をどう解釈するかにかかわらず、住民投票の結果からは地方レベルのイノベーションのニュースが見えてきた。 Jamie Condliffe4年前
  11. 知性を宿す機械
    予測モデル大ハズレ:なぜ選挙予想と世論調査はこんなに違ったのか?
    世論調査でクリントンがリードしていたため、リアルタイムのデータでも同じように表示してしまった。それが報道機関の失敗だ。 Michael Reilly4年前
  12. コネクティビティ
    テクノロジーは大統領選挙をどう歪めるか
    ハッキングや不具合、データ分析は選挙結果に大きな影響を与える。 Jamie Condliffe4年前
  13. コネクティビティ
    米国大統領選のハッキングは
    民主主義国を破滅させるか?
    民主主義国の国民が自国の選挙制度を信じなくなるリスクは、技術的なぜい弱性をつかれて攻撃されるより、はるかに巨大で修復しにくい。 Michael Reilly4年前
  14. コネクティビティ
    大統領選にハッキング危機
    フロリダ州など31州
    セキュリテイリスクが内在しているにもかかわらず、米国の31州は何らかの形で集票にインターネットを利用している。 Mike Orcutt4年前