ユビキタス

Regardless of Its Influence on the Election, Facebook Needs to Change フェイスブックで流通した虚偽ニュースはトランプ当選に貢献したか?

フェイスブックにメディア企業になるつもりがなくても、でたらめなニュースを放置してよいことにはならない。 by Jamie Condliffe2016.11.15

2016年の大統領選挙は、今まで以上にソーシャルメディア上で展開されたともいえる。そして今、嘘の投票結果のニュースを流したとしてフェイスブックは有権者の反感をかっている。有権者の主張が正しいか否かは別として、フェイスブックはこの問題に対応する必要がある。

フェイスブックを批判している側の主張では、不正確あるいは誤解を招くようなニュースを広めることで、フェイスブックが有権者をドナルド・トランプを大統領に選ぶように洗脳した。多くの人は、自分たちの信念がソーシャルネットワークの「エコー・チャンバー効果」(同じような立場の情報にばかり接しやすくなってしまうメディア環境)によるとは気がつかずにトランプを支持した、というのだ。

真偽不明の情報を流通させる ソーシャルメディアの負の側面がトランプに恩恵を与えたのは確かだ。カリフォルニア大学バークレー校ジャーナリズム大学院のエド・ワッサーマン学長は「トランプは自らのメッセージを、通常の内容確認を経ずに、とても影響力のある方法で発信できたのです。特に何の根拠もない一部のメディアグループが影響力を発揮し、根拠があるはずのメディアグループはほとんど人々に影響を与えませんでした」とブルームバーグに述べた。

先週末、トランプ自身もソーシャルメディアが自身の選挙運動の中心だったと説明した。「私がフェイスブック、ツイッター、インスタグラム等のフォロワー数で勢力があった事実は、各地での選挙戦の勝利に寄与していると思います。しかも選挙戦の相手は私よりも多額のお金を投じています」と、トランプは日曜日に放送されたCBSの番組『60ミニッツ』で述べた

問題は、でっち上げのニュースがトランプ有利の選挙結果に一役買っているのではないか、だ。たとえば、ヒラリー・クリントンが武器売買に関わっているとか、ドナルド・トランプがローマ法王の承認を受けた事実はない。しかし人々はその …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。