KADOKAWA Technology Review
×
知性を宿す機械 無料会員限定
China’s Driverless Trucks Are Revving Their Engines

中国大陸の流通覇権を巡る自動運転トラックの開発競争

自動運転トラックの規制が緩いことを利用して、複数の中国のトラックメーカーは、自律トラックによる業界の覇権を目指している。 by Will Knight2016.11.17

自動運転の長距離トラックを導入し、陸上輸送を根本的に作り直す競争で、中国は米国をリードしようと本気を出している。

現在多くの企業が開発中のオートメーションテクノロジーは、睡眠や休憩時間込みでドライバーが長距離移動できるようにして輸送業界のコストを削減し、事故を減らし、全体的な効率を高めようとしている。

欧米各国では、ボルボやダイムラー、ウーバー等の企業が、係員の監視付きで自動運転型トラックを試験走行させている。しかし、自動化トラックを開発中の中国企業数社は、中国の緩やかな規制と混沌としたトラック産業を根本から作り直す願望が相まって、テクノロジーを導入の道をならそうとしている。中国大陸の陸上輸送の覇権を巡って、商品輸送の有利な新手法の開発競争が起きているのだ。

中国における都市間の貨物輸送は巨大市場になる、とトゥーシンプル(北京图森互联科技)のシャオディ・ホウCTO(最高技術責任者)はいう。サンディエゴと北京に本社機能があるトゥーシンプルは、中国の大手トラック・メーカー(ホウCTOは社名を明かさなかった)と提携し、自動トラック輸送の基盤技術を開発中だ。ホウCTOによれば、中国では現在、自動運転システムへの規制は事実上なく、また、トラック産業の改革を望んでいる中国政府が急に規制を強化するようなことはない、と考えている。

トゥーシンプルは、人間が運転するトラックの運転データを蓄積し、訓練データとして …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35 」の日本版が候補者を募集している。特定の分野や業界だけでなく、世界全体の重要な課題を解決するイノベーターを発信していく。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 2021
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 202110 Breakthrough Technologies

新型コロナウイルス・ワクチンの開発で脚光を浴びた「メッセンジャーRNA」技術から、人間並みの文章を自在に生成できる人工知能(AI)技術「GPT-3」、電気自動車(EV)普及の鍵を握る「次世代バッテリー」まで。MITテクノロジーレビューが選んだ「世界を変える10大テクノロジー」。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る