KADOKAWA Technology Review
×
携帯電波をセンサーに、
気象ベンチャーが挑む
天気予報のイノベーション
ClimaCell
持続可能エネルギー Insider Online限定
A weather tech startup wants to do forecasts based on cell phone signals

携帯電波をセンサーに、
気象ベンチャーが挑む
天気予報のイノベーション

携帯電話や無線機器の無線信号を利用して天気予報の精度向上を目指すスタートアップ企業「クライマセル」が注目されている。きめ細かいデータを集めることで、従来の手法よりも60%以上正確だと主張している。 by Douglas Heaven2019.08.06

2019年4月14日、シカゴはほぼ40年ぶりの大雪となった。気象情報会社は大量の積雪を予測しておらず、最高でも3~6センチの積雪になるだろうと予報していた。だが、晩冬の吹雪の襲来は広範囲での混乱を呼び、市内のすべての空港では計700便以上も欠航しなければならないほどの大雪となった。

だが、航空各社のうち1社だけは他社よりもうまく対処できた。この会社だけは、クライマセル(ClimaCell)の気象予報を使っていたからだ。ボストンを拠点とするクライマセルは、他のどのような気象情報会社よりも正確に天候を予測できると主張する「気象情報技術」のスタートアップ企業だ。クライマセルによると、シカゴに近づく吹雪の厳しさを正確に予測することで、この航空会社はスケジュールをうまく調整し、遅延や発着地変更による損失を最小限に抑えることができたという。

2015年に設立されたクライマセルはこの数年間、世界中の無数の携帯電話やその他の無線機器の信号を利用するためのテクノロジーの開発と、取引関係の構築に投資してきた。これらの無線信号の品質(無線信号強度)を、降雨や大気環境など地域の気象条件を測るプロキシーとして利用する。加えて、街頭カメラの画像分析も使う。同社が提供する天気予報サービスは、米国海洋大気庁(NOAA)など従来の提供者よりも60%以上正確だと主張している。

天気のインターネット

クライマセルの手法自体は、基本的には理にかなっている。他の予報会社はレーダー信号などを使う。だがクライマセルは、無数の日常的な無線機器から得られる情報を利用することで、地上型の機器から人工衛星まで幅広い既存の気象センサーのネットワークから情報を得る他社よりも、 …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
宇宙ビジネスの時代

かつて国家主導だった宇宙開発がいま、大きく変化している。テクノロジーの進化とリスクマネーの流入によって民間企業による宇宙開発が加速し、自社の事業拡大に宇宙を活用しようとする「非宇宙」企業やベンチャー企業の動きも活発だ。いまなぜ「宇宙」なのか? そのヒントとなる記事を集めた。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る