KADOKAWA Technology Review
×
【1/31まで】ひと月あたり1000円。
お得に購読できるキャンペーン実施中!
The Best VR Game Is Also One of the Simplest

VRゴーグルの孤立効果を逆手にとった面白いゲーム

今度の休日、自宅に用意する実質現実ヘッドセットはたったひとつだけでいい。部屋にいるみんなを巻き込むゲームを紹介しよう。 by Signe Brewster2016.11.28

You don’t need a headset to help diffuse this virtual bomb.
ゴーグル装着者だけにはバーチャル爆弾が見えるが、他の参加者の協力がないと爆弾は処理できない

実質現実(VR)未体験の友人や家族を自宅に招くために、最近、リビングルームにVRゴーグルのオキュラス・リフト(Oculus Rift)を用意した。仕事柄、バーチャル世界の説明に苦労してきたので、ゲストが楽しみながら(時には失望しながら)バーチャル空間に反応しているのを見るのは楽しい。

しかし、高性能なVRゴーグルは600ドル前後もするから、2台目を購入する人はほとんどいない。バーチャルゲームの順番待ちは手持ち無沙汰になるが、スティール・クリエイト・ゲームズ(Steel Create Games)製のゲーム『話し続ければ誰も爆死しない(Keep Talking and Nobody Explodes)』を知ってから待ち時間はなくなった。

ゲームのルールは単純だ。VRゴーグルの装着者にはさまざまな部品で覆われた爆弾が見える。各部品はパズルで、マニュアルどおりに操作しないと解除できない。ゴーグルを未装着の他の参加者は、マニュアルは見えても爆弾は見えない。ゴーグルの装着者が部品の特徴を説明し、マニュアルを読む他の参加者の指示に従う。オキュラス製のコントローラー(空中で手を動かして自然に操作できる)は未発売なので、現時点では爆弾の処理にXboxのコントローラーを使う。

ゲームの進行は早くて非常に面白い。ゴーグル内の世界にのめり込み、ワイヤーの色や奇妙なシンボルについて説明する度に、手の平に汗がにじむ。何度も失敗したり、時間がかかりすぎたりすると、爆弾は爆発する。

ゲームの開発者がこのゲームの着想を得たのはハッカソンだった。デモ用機材を設置しても、初期版のVRゴーグルを試そうとする人はほとんどいなかった。ゴーグルを装着して、実際には自分が見えない人に、現実世界で何をするのかを説明する。VRゴーグルの使い方を誰かに教えるほうが、よほどゲームのように感じられたのだ。もうひとつのヒントは、アニメ作品『アーチャー』のエピソードだ。「Cut the tiny bit blue one」の回で、登場人物が無線で指示を受けながら小型飛行船に積まれた爆弾を処理する。

『Keep Talking and Nobody Explodes』のようなゲームは、非対称マルチプレイヤーゲームと呼ばれるジャンルで、実質現実より長い歴史がある。ゲームの開発元のブライアン・フェッター共同創業者は、このジャンルのゲームが多く開発されると考えているが、実質現実による孤立効果に対して必要な答えとは考えていない。フェッターの望みは、多くの家庭がもっとたくさんのVRゴーグルを所有することであり、リビングルームに数人が集まるのではなく、世界中の人をひとつの部屋に集められることが、実質現実のより重要な強みだと信じている。

「私たちはいつも、実質現実が反社会的なテクノロジーかどうか聞かれます。しかし、実質現実は反社会的とは真逆であることを私は実際に目にしてきました。現在のほとんどのマルチプレイヤーゲームに比べて、実質現実はより多くの社会的能力を育くむでしょう。言葉によるコミュニケーションだけでは得られない他人の存在感が実質現実の世界にはあります」

とはいえ、パーティーゲームも必要だ。Nintendo 3DSの『大乱闘スマッシュブラザーズ』には昔ながらの魅力がある。だが、『Keep Talking and Nobody Explodes』は同じ部屋にいるのにゲーム中は手持ち無沙汰になることを逆手にとって面白くしている。友人を自宅に招いたらゲームに夢中になって帰ってくれなくなっても、責任はとれない。

人気の記事ランキング
  1. Going bald? Lab-grown hair cells could be on the way 幹細胞技術で「髪」復活、究極の薄毛治療は実現するか?
  2. The worst technology of 2021 MITTRが選ぶ、2021年の「最低なテクノロジー」5選
  3. These are the most detailed photos yet of the far side of the moon 中国、過去最高解像度の「月の裏側」写真を公開
  4. The metaverse has a groping problem already メタのバーチャル空間でさっそく痴漢行為が発生、安全策は?
シグニー ブリュースター [Signe Brewster]米国版
シグニー・ブリュースターは科学とテクノロジーのライター。特に注目しているのは、たとえば実質現実やドローン、3Dプリントなど、芽生えたばかりのテクノロジーが今後どうなるか、です。記事は、TechCrunch、Wired、Fortuneでも執筆しています。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Going bald? Lab-grown hair cells could be on the way 幹細胞技術で「髪」復活、究極の薄毛治療は実現するか?
  2. The worst technology of 2021 MITTRが選ぶ、2021年の「最低なテクノロジー」5選
  3. These are the most detailed photos yet of the far side of the moon 中国、過去最高解像度の「月の裏側」写真を公開
  4. The metaverse has a groping problem already メタのバーチャル空間でさっそく痴漢行為が発生、安全策は?
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5Cities Issue

新型コロナのパンデミックによって激変した都市生活は、ポストコロナでどう変わるのか? 都市部への人口集中が世界で加速する中、環境、災害、貧困といった負の側面をテクノロジーは解決できるのか? 多様な人々が集まり、化学反応が起きるイノベーションの集積地としての役割を都市は今後も果たし続けるのか? 世界の豊富な事例と識者への取材を通して、新しい都市の未来像を描く。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る