KADOKAWA Technology Review
×
読者からの質問:宇宙が膨張したら重力が機能しなくなりますか?
NASA
ビジネス・インパクト 無料会員限定
Will the universe’s expansion mean planets no longer orbit stars?

読者からの質問:宇宙が膨張したら重力が機能しなくなりますか?

宇宙が膨張を続けているのなら、やがては天体間の距離が引き離されて重力が機能しなくなってしまい、たとえば、惑星が星の周りを公転しなくなる可能性はないのだろうか。 by Neel V. Patel2019.11.21

毎週、宇宙ニュースレター「ジ・エアロック(The Airlock)」には読者の皆さんから質問が寄せられ、それらについて宇宙担当記者のニール・V・パテルが回答しています。今回は、宇宙の膨張の長期的な影響についての質問が寄せられました。

読者からの質問

「もし宇宙が膨張し続けているなら、相対的に予測可能な時間内で、十分な引力が失われて、惑星が星の周りを公転しなくなるのでしょうか。 また、宇宙が広がり続けているということは、最終的には星空観測もできなくなるのでしょうか」(サヒルより)

ニール記者の回答

宇宙の膨張の問題に関しては、この種の研究にありがちな多大な不確実性がつきまとっているため、天体物理学者や宇宙学者は確かに夜も眠れないことでしょう。 しかし、現在の宇宙の膨張率に関するほとんどの観測から判断する限りでは、膨張しすぎて重力が機能しなくなることはなさそうです。 衛星はこれからも惑星の周りを公転し続け、惑星は星の周りを公転し続け、そして星は銀河を形成し続けるでしょう(もちろん、それらの星が爆発して、周辺の惑星や衛星を破壊 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る