KADOKAWA Technology Review
×
【5/24まで】ひと月あたり1000円で購読できる春のキャンペーン実施中!
「クリーン・エネルギー・シフト」は2010年代でどこまで進んだか
Photo by Thomas Reaubourg on Unsplash
気候変動/エネルギー 無料会員限定
Our pathetically slow shift to clean energy, in five charts

「クリーン・エネルギー・シフト」は2010年代でどこまで進んだか

この10年間で、クリーンエネルギー技術の進歩は目を見張るものだった。しかし、人口の増加や経済の拡大、エネルギー需要の上昇に伴う地球全体規模での電力生産量の増加の前には、微々たる貢献しかしていないのが現状だ。 by James Temple2019.12.31

ほとんどの重要な指標によれば、クリーンエネルギーにとってこの10年は輝かしいものだった。

SDGs Issue
この記事はマガジン「SDGs Issue」に収録されています。 マガジンの紹介

大規模な風力や太陽光の発電所のコストはそれぞれ70%、90%近く低下した。一方、世界中の再生可能エネルギーによる発電所は10年前よりも4倍も多く電力を生み出している。

同様に、電気自動車は2010年代の始めにはほとんど活況を呈することはなかった。しかし2019年、走行距離が伸び、価格が低下し、各社が多様なモデルを導入する中で、自動車メーカーは年間180万台を売り上げる勢いだ。

だが、再生可能エネルギーや電気自動車の急速な成長は、膨大な世界のエネルギー・システムや温室効果ガス排出の削減には大きな変化をもたらしていない。次のグラフが明らかにしているように、より一層クリーンなテクノロジーは高まるエネルギー需要にはほぼ対応してきたが、既存の化石燃料に依存したインフラに深く食い込んではいないのだ。

これが問題なのだ。高まる気候変動の脅威に対抗するため、二酸化炭素の排出量を迅速に削減するには、発電所や工場、量販車などすべてを数十年以内に完全に見直す必要がある。

再生可能エネルギー

英国の多国籍エネルギー企業であるBPがまとめた「世界のエネルギー統計総覧」によれば、主に風力、太陽光などの再生可能エネルギーによる世界の発電量は、2008年の約550テラワット時から2018年の約2500テラワット時へと増加した。

では、全体の発電部門に関連してこの成長がどう見えるか …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
【春割】実施中! ひと月あたり1,000円で読み放題
10 Breakthrough Technologies 2024

MITテクノロジーレビューは毎年、世界に真のインパクトを与える有望なテクノロジーを探している。本誌がいま最も重要だと考える進歩を紹介しよう。

記事一覧を見る
気候テック企業15 2023

MITテクノロジーレビューの「気候テック企業15」は、温室効果ガスの排出量を大幅に削減する、あるいは地球温暖化の脅威に対処できる可能性が高い有望な「気候テック企業」の年次リストである。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る