KADOKAWA Technology Review
×
オーストラリア山火事、100カ国分の二酸化炭素が排出される悪循環
NASA Earth Observatory images by Lauren Dauphin, using Landsat data from the U.S. Geological Survey.
持続可能エネルギー 無料会員限定
Australia’s fires have pumped out more emissions than 100 nations combined

オーストラリア山火事、100カ国分の二酸化炭素が排出される悪循環

オーストラリアの東海岸で発生している大規模な山火事は、依然として衰える兆しを見せない。山火事によってすでに約4億トンの二酸化炭素が大気中に排出されており、山火事を悪化させている気候変動をさらに推し進める悪循環に陥っている。 by James Temple2020.01.14

オーストラリアの東海岸で猛威を振るう山火事は、すでに約4億トンの二酸化炭素を大気中に排出しており、山火事を悪化させる原因となっている気候変動にさらに拍車をかける事態となっている。

この量は、二酸化炭素の低排出国116カ国の年間総排出量を合計した数字を上回り、2018年にカリフォルニアで発生した過去最大規模の山火事で排出された量の9倍にあたる。つまり、2019年のオーストラリアの温室効果ガス排出量(相殺後)の約4分の3を追加することになる。

それでもなお現時点において、この4億トンという量は、オーストラリア全土で前例のない数字ではない。オーストラリアでは夏に山火事がしばしば発生し、火災の期間が長期化する傾向にあり、「火災の危険度が非常に高い」日数が増加している。

欧州連合(EU)のコペルニクス大気監視サービス(Copernicus Atmosphere Monitoring Service.)によると、2011年と2012年の9月から翌年1月上旬にかけて …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る