KADOKAWA Technology Review
×
「曼荼羅を描くロボット」に見る、宗教とテクノロジーの未来
MS Tech/Getty
知性を宿す機械 Insider Online限定
The robot does the hard work. Can you still attain enlightenment?

「曼荼羅を描くロボット」に見る、宗教とテクノロジーの未来

仏教の瞑想に使用される伝統的なアートワークである「曼荼羅(まんだら)」を作成と破壊を代行するロボットが開発された。ロボットが描く曼荼羅は、宗教とテクノロジーがますます絡み合っている未来を示唆する。 by Tanya Basu2020.03.12

6時間、円形のロボットが壁沿いを上下に動き回って、それぞれの花びらに無数の複雑なデザインが描かれた蓮(はす)をスケッチする。4色のマーカーペンがそのスケッチを彩る。美しい。しかし、ロボットは描き終わるとすぐにコースを逆行しながら絵を消して、まるで何事もなかったかのように壁を離れる。

https://www.youtube.com/watch?v=lm7L3bYF2jE

曼荼羅(まんだら)のリメイク版だ。曼荼羅の複雑なパターンは、瞑想中に僧侶が見る慈悲や知恵などの美徳に関する世界を意味している。そう述べるのは、仏教僧であり、マサチューセッツ工科大学(MIT)ダライラマ倫理・変革的価値センター(Dalai Lama Center for Ethics and Transformative Values)のテンジン・プリヤダルシCEO (最高経営責任者)だ。プリヤダルシCEOは、仏教の重要な伝統である曼荼羅の作成と破壊の精巧なプロセスを自動化するべく、MITの建築家であり「スクリビット(scribit)」の設計者であるカルロ・ラッティ教授とチームを組んだ。スクリビットは、特別なマーカーを使って壁にアートを描いたり消したりできる500ドルの「描写・消去ロボット」だ。

伝統的な曼荼羅は、手で描画した後、着色した砂で塗りつぶすという骨の折れる作業が必要だ。曼荼羅はひとたび完成すると、美しさと存在の儚さの象徴として壊される。しかし、スクリビットはそこまで繊細ではない。事前にプログラムされた画像を基に曼荼羅を描写する。砂も細心 …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020AI Issue

技術動向から社会実装の先進事例、倫理・ガバナンスまで、
AI戦略の2020年代のあたらしい指針。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る