KADOKAWA Technology Review
×
「Innovators Under 35 Japan」2024年度候補者募集中!
Five forces that will shape the future

未来を形作る「5つの要因」

新しいテクノロジーを成功に結びつけるために考慮すべき、今後数十年間の大きなトレンドを示そう。 by Tate Ryan-Mosley2020.07.16

米国の貧富の差

2007年以降、下位層にあたる人口の50%は、資産がゼロまたはマイナスである。

1980

  • 上位層(人口の10%):資産の65%
  • 中間層(人口の40%):資産の34%
  • 下位層(人口の50%):資産の0.01%

2014

  • 上位層(人口の10%):資産の73%
  • 中間層(人口の40%):資産の27%

出典: World Inequality Database (2018)

データの爆発的増加

よりよいストレージ、処理、プライバシーが必要になる。

出典: IDC調査, The Digitization of the World. From Edge to Core. (2018)

世界の平均気温の上昇

地球表面温度が上昇すると、海面は高くなり、極端な暴風雨の発生は増加し、居住地の破壊も増える。

出典: NOAA National Centers for Environmental Information, Climate at a Glance (2020)

言語の消滅

1950年から2010年にかけて、230の言語が絶滅した。 現在、世界で話されている言語の3分の1は、1000人未満の人しか使っていない。

 

出典: UNESCO World Language Atlas (2010); Ethnologue: Languages of the World (2019)

高齢化

今日、世界人口の9%が65歳以上だ。この率は今後数十年で増加し、仕事、医療、経済が再定義される。

 

出典: United Nations, Department of Economic and Social Affairs, Population Division (2019).

人気の記事ランキング
  1. Lego bricks are making science more accessible 科学を身近にするレゴブロック、大学の実験装置にも応用
  2. Promotion Call for entries for Innovators Under 35 Japan 2024 「Innovators Under 35 Japan」2024年度候補者募集のお知らせ
  3. AI companies are finally being forced to cough up for training data 「訓練データはタダではない」音楽業界が問う生成AIの根本的問題
  4. AI lie detectors are better than humans at spotting lies 人間よりも優秀な「AIうそ発見器」は社会に何をもたらすか?
テイト・ライアン・モズリー [Tate Ryan-Mosley]米国版 テック政策担当上級記者
新しいテクノロジーが政治機構、人権、世界の民主主義国家の健全性に与える影響について取材するほか、ポッドキャストやデータ・ジャーナリズムのプロジェクトにも多く参加している。記者になる以前は、MITテクノロジーレビューの研究員としてニュース・ルームで特別調査プロジェクトを担当した。 前職は大企業の新興技術戦略に関するコンサルタント。2012年には、ケロッグ国際問題研究所のフェローとして、紛争と戦後復興を専門に研究していた。
日本発「世界を変える」U35イノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。2024年も候補者の募集を開始しました。 世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を随時発信中。

特集ページへ
MITTRが選んだ 世界を変える10大技術 2024年版

「ブレークスルー・テクノロジー10」は、人工知能、生物工学、気候変動、コンピューティングなどの分野における重要な技術的進歩を評価するMITテクノロジーレビューの年次企画だ。2024年に注目すべき10のテクノロジーを紹介しよう。

特集ページへ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る