1. 知性を宿す機械
    量子コンピューターとは何か?ニュースを読む前に押さえたい基礎知識
    超強力なスーパーコンピューターの処理能力をはるかに凌ぎ、産業界全体に変革をもたらす可能性があるとして、量子コンピューターの研究・開発に多額の資金が投入されている。日々報じられる関連ニュースを読み解くために押さえておきたい基礎知識を説明する。 Martin Giles3年前
  2. 知性を宿す機械
    従来の暗号技術は強力な量子コンピューターを使えば破られてしまう可能性が高い。専門家らは、強力な量子コンピューターの登場までの期間を10年と見積もる一方、「量子耐性」を持つ暗号技術の開発・普及には早くとも20年はかかると指摘する。 Martin Giles3年前
  3. 知性を宿す機械
    スタートアップ企業のリゲッティ・コンピューティング(Rigetti Computing)が、クラウドを介した新たな量子コンピューティング・サービスの提供を開始する。現時点での世界最高性能である128キュービットの量子プロセッサーを利用したサービスも今後、提供する予定だ。 Martin Giles3年前
  4. ビジネス・インパクト
    量子超越性の実現が目前に迫ったと喧伝される一方で、量子コンピューターはまだまだ課題を抱えている。ハードウェアにエラーが起こりがちであることに加えて、本当に有用な適用分野がまだはっきりとは見えていない。最初の量子コンピューターの現実的な用途を見つけるのが遅れれば、熱狂は幻滅に代わるだろう。 Will Knight4年前
  5. ビジネス・インパクト
    化学は、量子コンピューター応用の最初の有力分野
    化学は、数年以内に実現する量子コンピューティングで恩恵を受ける最初の分野になりそうだ。実用的な超伝導体と次世代バッテリーの研究が進めば、量子コンピューターの開発も加速する。 Tom Simonite5年前
  6. ビジネス・インパクト
    2017年版ブレークスルー・テクノロジー10:実用的な量子コンピューティング
    グーグルやインテルなどの研究グループの成果が、これまでにない力を秘めたコンピューターの開発に王手をかけている。 Russ Juskalian5年前
  7. 知性を宿す機械
    インテル、シリコン製量子コンピューターの開発で前進
    インテルは、従来のコンピューターの処理能力を遙かに上回る量子コンピューターを、従来の技術の延長線上に実現しようとしている。 Tom Simonite5年前