KADOKAWA Technology Review
×
来れ、若きイノベーター! Innovators Under 35 Japan 2022 応募受付開始。
新型コロナ、武漢含む河北省で新たな感染者がゼロに
AP
Wuhan reported no new coronavirus cases today for the first time

新型コロナ、武漢含む河北省で新たな感染者がゼロに

中国国営メディアの発表によると、新型コロナウイルスの発生地である武漢市を含む湖北省全体で初めて、同ウイルスの新たな感染者が確認されなかったという。中国政府は市内を早期に封鎖して出入りを厳しく制限しており、この対策が功を奏した可能性がある。 by Charlotte Jee2020.03.20

武漢市を含む湖北省全体で初めて、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の新たな感染者が確認されなかったと中国の国営メディアが3月19日に報じた。武漢市は新型コロナウイルスの発生地であり、このニュースは同市の事態が著しく改善されたことを示している。武漢市では、つい最近まで入院を必要とする何千人もの感染者の対処に苦慮していた。中国当局関係者によると、3月18日に確認された新たな感染者34人はすべて海外からの入国者だという。

湖北省のこのニュースは、かすかな希望をもたらすと同時に、事態の収拾にあたる各国政府に対し、何をすべきかを示すものともなるだろう。主な教訓として、感染地域を早い段階で厳しく封鎖する必要があるということが言えそうだ。これは武漢市で実施された対策で、今でも特別な許可を得た者以外の出入りは禁止されており、市民は自宅から出ないよう指示されている。中国工程院の一員であるリ・ランエン(李蘭娟)医師によると、この命令は2週間にわたって新たな感染者が確認されない場合にのみ解除される予定だ。しかし、中国当局がこの封鎖処置を緩和すれば、河北省での感染者数が再び増えてしまう可能性は依然として残る。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のエピデミック(局地的な流行)の現在の中心地はイタリアだと言って差し支えないだろう。イタリアでは今週、コロナウイルス関連の死者数が中国の3250人を上回ろうとしている。ロンバルディア州は飛び抜けて感染者数の多い地域で、多数の死者が毎日報告されている

(関連記事:新型コロナウイルス感染症に関する記事一覧

人気の記事ランキング
  1. How China’s biggest online influencers fell from their thrones 桁外れの中国トップ・インフルエンサー、一夜にして転落
  2. How censoring China’s open-source coders might backfire 中国版ギットハブ、コードを検閲・遮断か? OSS開発者に衝撃
  3. Scientists hacked a locust’s brain to sniff out human cancer バッタの脳を改造、人間のがんの「嗅ぎ分け」に成功
  4. These materials were meant to revolutionize the solar industry. Why hasn’t it happened? 参入相次ぐ「ペロブスカイト太陽光電池」、実用化はいつ?
  5. What impact will DeepMind’s scientific AI have on our society? アルファフォールド2が社会に与える「アルファ碁」以上のインパクト
シャーロット・ジー [Charlotte Jee]米国版 ニュース担当記者
米国版ニュースレター「ザ・ダウンロード(The Download)」を担当。政治、行政、テクノロジー分野での記者経験、テックワールド(Techworld)の編集者を経て、MITテクノロジーレビューへ。 記者活動以外に、テック系イベントにおける多様性を支援するベンチャー企業「ジェネオ(Jeneo)」の経営、定期的な講演やBBCへの出演などの活動も行なっている。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. How China’s biggest online influencers fell from their thrones 桁外れの中国トップ・インフルエンサー、一夜にして転落
  2. How censoring China’s open-source coders might backfire 中国版ギットハブ、コードを検閲・遮断か? OSS開発者に衝撃
  3. Scientists hacked a locust’s brain to sniff out human cancer バッタの脳を改造、人間のがんの「嗅ぎ分け」に成功
  4. These materials were meant to revolutionize the solar industry. Why hasn’t it happened? 参入相次ぐ「ペロブスカイト太陽光電池」、実用化はいつ?
  5. What impact will DeepMind’s scientific AI have on our society? アルファフォールド2が社会に与える「アルファ碁」以上のインパクト
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7世界を変える10大技術 2022年版

パンデミック収束の切り札として期待される「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)飲み薬」、アルファ碁の開発企業が作った「タンパク質構造予測AI」、究極のエネルギー技術として期待が高まる「実用的な核融合炉」など、2022年に最も注目すべきテクノロジー・トレンドを一挙解説。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る